2013年度東京都教採1次受けてきました

どうもみなさんこんばんは。今日7月14日は東京都の教員採用試験の1次試験の日でした。東京都は一般教養がないので、教職教養、専門教養、小論文の3つの試験でした。僕は中高英語の一般選抜の枠で受けたので専門は英語でした。2週間寝っころがって暗記本眺めてただけの勉強じゃやっぱり教職教養は全然わかりませんでした(なめすぎだろ)。専門の英語はどれくらいできてればいいのかわからないんですが、思ってたよりは簡単だったのであれ平均が結構高そうで山がだいぶ右の方にずれてるんじゃないかとおもうんですが。もしあのテストで人数で足きりするんだとしたら弁別能力的にどうなんだろうという気ががが。小論文は2つある問題のうち一つを選ぶもの。Aは課題解決に必要な思考力、判断力、表現力に関して。Bは児童生徒同士の相互理解や学びあいについて。僕は前者を選んで自分の専門の英語にからめてタスクの話や発見型学習なんかのことを書いたんですが、よく考えたら学習指導要領や、都あるいは国の政策に関しては一切触れなかったのでダメですね。

対策期間が短かったことは言い訳にしたくないのですが今回はダメ元で受けたので、頭を切り替えて勉強合宿の授業案を練ったり来月の北海道での発表に向けて準備をしていきたいと思います。また、いくつか私立の非常勤の募集に応募しようと思っているので履歴書の作成などもしないといけません。特に指定がない場合は英語のレジュメベースにちょっといじるくらいでいいかなとか思っています。フォーマットある場合は従いますが自筆で出せっていうところはめんどくさいのでいいやと思っています(へたれ

あとは博士後期の試験のためにちょっとガサゴソしたりして研究計画も考えたりしないといけないですよねああそうだその前に秋田のメソ研があるんでしたどうしよう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ハァ…

なにをゆう たむらゆう

おしまい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中