SNSとの向き合い方

ごぶさたしています。

3週間ほど前から,SNSの使用をやめています。TwitterやFacebookをはじめとして,Instagramやvineも,すべてのアプリをiPhoneから消して,ブラウザのお気に入りに入っていたリンクもすべて消しました。とはいってもアカウント自体を消したわけではないので,辞めたわけではありません。

SNSとのつきあい方に関しては前からずっと考えていました。特に私はTwitterのヘビーユーザーでした。1日に数十件のツイートをすることは日常茶飯事で,暇さえあればタイムラインを眺めていました。私はうまく自分の時間管理ができないうえに,集中力も極端に低く,持続しないので,Twitterを閉じても10分経ったらまた開いて見てしまう,そんな状態でした。Facebookも,TwitterのTLがあまり動かなくなると,頻繁にログインしていました。こちらはあまり書き込みはせず,タイムラインを見るだけでしたが。

書かなければいけない論文はたくさんあるのに,なかなかやる気も出ず,だらだらとSNSを徘徊しては時間を無駄にしているような感覚になっていました。そこで,いっそのこととりあえずSNSを一切断って,自分のやらなければいけないことに集中しようと思いました。私は環境を変えることでしか自分を変えられないので,このくらい思い切ってやらないといけないのは薄々わかっていたことでした。もちろん,Twitterをうまく使いつつ,自分の時間もしっかり確保できる人はいると思います。私は,少なくとも今の私はそうではない,ということです。あとは,形から入るタイプなので,今まではMS Wordで主に書いていましたが,Scrivenerを買いました。前々からいいという噂は聞いていましたが,いかんせん私にとっては高価なアプリでしたので,ためらっていました。また,書くモチベーションをあげるために,How to Write a Lotとその続編のWrite it upも買いました。そうやって周りから固めていってようやく少しは書くようになったというところです。これが習慣になればいいなと思って,毎日の語数を記録したりしています。今は,おもに来週が〆切の原稿と,月末が〆切の原稿に取り組んでいます。〆切がない原稿は6割くらいは書いていてそこで止まってしまっています…

この,自分の作業スタイルを見直したいという点が私がSNSから離れている理由の一つです。もう一つは,以前からSNSでの言動を注意されることが多かったことが理由です。なにを書いてなにを書いてはいけないのかという線引きがどうもうまくできず,それでもそれをあやふやにして「楽しいから」と使い続けてきた部分が少なからずありました。鍵をかければすむ話ですが,どうも鍵をかけてTwitterをするのは私の性に合わないと思っていました。また,いわゆる表アカウントと裏アカウントを2つ作って運用するということをしていらっしゃる方を何人も知っていますが,この方法も私にはうまく使い分けができないなと思い,結局当初からのアカウントをずっと使い続けていました。そしてある日,「ああ,私はやっぱりTwitterに向いていないな」と思う出来事がありました。

それをきっかけに,自分からSNSにアクセスする手段を絶ち,それ以来一切見ていません。前の彼女と付き合っていたときは,「禁煙しろっていうならTwitterやめろ」と言われ,「いやいやそれは無理でしょ」と思っていました。そのくらい私の生活の一部でしたし,Twitterなしの生活は考えられなかったからです。私がTwitterをやっていなかったら,今の私の生活はないでしょうし,今のような人生を歩むこともなかったと思っています。それほどに私にはTwitterでのつながりを通して得たものが多かったのです。とはいっても,ログインしなくなってから3週間ほど,特に「禁断症状」的なものもなく過ごしています。iPhoneを触るときはKindleアプリで本を読んだり,Feedlyでnewsやブログ記事をチェックしたりするようになりました。私の寝顔がTwitterにアップされようが気にならないですし,Twitterに誰がなにを書き込んでいたかという話を聞いても,それを見たいと思わなくなりました。

ただひとつ,問題なのは,SNSを通じた連絡まで私が見ていないという点です。特に,メールの代替手段としてTwitterのダイレクトメッセージでやりとりをすることがしばしばありました。私が特に断りもなしに,またアカウント削除もせずに,さらには私の個人的な事情で,それらの連絡手段を一方的に断ってしまったことに関しては,この場を借りてお詫び申し上げます。大変申し訳ありませんでした。

大変ご面倒だとは思いますが,今後は,私のgmailアドレスまたはnagoya-u.jpのアドレスにメールでご連絡をいただければ幸いです。

またひょっこりTwitterやFacebookにポストすることがあるかもしれませんが,しばらくはしないつもりです。この「禁SNS(Twitter)」もいつまで続くかはわかりませんが,どうか温かく見守っていただければと思います。

では。

なにをゆう たむらゆう

おしまい。

 

広告

SNSとの向き合い方」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2015年の振り返り | 英語教育0.2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中