PacSLRFとVocab@Tokyoの感想など

9月9日(金)から9月14日(水)まで,PacSLRFとVocab@Tokyoという2つの国際学会に参加してきました。その中で第一著者としての発表が2件と,コロキアムでの第二著者としての発表が1件で,6日間ある中でPacSLRFの最終日とVocab@Tokyoの初日にあたっていたため,2日で発表が3件あり肉体的にも精神的にもかなり疲れました苦笑

それでも,論文でしか名前を知らなかった人とお知り合いになれて,特に今回は普段あまりお会いできないような方々とお会いすることができたので,とても充実した毎日でした。PacSLRFはコロキアムにも発表する側で参加させていただき,そういう研究やるのかぁとかそういうツッコミ入るよなぁとか,タスク研究を今後やっていくとしたらどういう方向に行くべきかを考えることができました。organizerの新谷先生と,僕に一緒にやろうと声をかけてくれた福田さんに感謝です。

私は語彙が専門というわけではありませんがVocab@Tokyoでは,著名な研究者の発表やディスカッションを目の前で聞くことができて,かなり面白かったです。質問がガンガン出てきて盛り上がるのも聞いているだけでも楽しいです。そして,やっぱり面白いなと思う研究をやっている人は質疑応答のコメントも鋭いですね。そういうcriticalなコメントがぱっと出てくるようなそういう研究者になりたいなと思いました。

Vocab@Tokyoも習得とか語彙・コロケーション処理とかの研究は多少興味があるので面白かったです。参加費はそれなりに高いですが,語彙にちょっとでも興味のある人は院生でも絶対に一度は行ってみた方がいいですね。Vocab@Tokyoは規模はそれほど大きくありませんが(基本3部屋パラレル),それでも語彙に興味のある研究者が集うマニアック学会という感じで,これはこれでアリだなぁと。国際学会に行ったことがなかったので,東京で国際学会の雰囲気を味わえてとても刺激を受けました。

6日間東京にいて,一つ本当に悔しいなと思ったのは,私がまったく予想もしていなかった先生から帰りの新宿駅で「そのネクタイってダイヤル回すと声変わるやつだよね?」といきなり振られてとっさにうまい返しができなかったことです。まだまだ修行が足りないことを痛感したので,蝶ネクタイをつけるからには名探偵コナンネタが飛んでくることを想定して今後は学会に臨みたいと思います。

夏の学会シーズンもこれで一段落し,今年度は今のところ予定されている自分の学会発表は終わりました。ここまで寝かせてあった原稿をとりあえず1つずつ片付けて,年内に投稿にこぎつけたいです。来週から非常勤も始まるので,しっかりと計画を立てて1日1日を無駄にしないようにします。

なにをゆう たむらゆう。

おしまい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中