中部地区卒修論発表会2016の感想など

土曜日に,中部地区卒業論文・修士論文発表会2016に参加しました。去年までは基礎研として運営に携わっていたのですが,今年からは色々とオトナの事情とか私らの事情によりLET中部支部と中部地区英語教育学会の共催という形になり,「参加者」として楽しく勉強させていただきました。

他大学の学部生さんや院生さんの発表をこんなにたくさん聞く機会はなかなかありませんし,ゼミで後輩の発表にコメントするのとはまた違うので,主に「どうやってコメントしたら発表者の人に有益になるだろう」ということをずっと考えながら発表を聞いていました。酒井先生のコメントを聞くといつも自分のコメントの下手さに気づかされて凹むという恒例行事もありました。私はいつもの名大のゼミのノリでガンガン突っ込んだら発表者の方がちょっと機嫌悪そうな感じになってしまって「これはちょっとまずったかな…」と思っていたら,近くに座っていた知り合いの先生とも,

「知り合い?」

「あ,いえ全然知りません」

「あ,そうか,いや,結構ガンガンいくなーと思って」

みたいな話をしたので反省をしていたのですが,発表の後に「さっきは緊張してうまく質問に答えられなかったのでもう一度教えてください」と聞きに来てくれてホッとしました。私が言いたかったことは伝わったみたいでよかったです。発表者の指導教官の先生がいらっしゃっている場合などは,その先生とも話ができて個人的にはそれもよかったです。

私が一番いいなと思ったのは,「コメントシート」というシステムでした。プログラムと一緒に小さな紙が6枚(1人の人が聞くことのできる最大発表数分)用意されていて,そこに発表者の名前を書いてコメントを書くというものでした。学会の発表って質疑が盛り上がったり,くだらない質問やスピーチで時間が無駄になったりすると「質問したかったけどできなかった」みたいなこともあったりしますよね。

もちろん発表の後に個人的に伝えるという手段もあるのですが,発表の間の時間が短くて部屋移動とか考えると自分が移動しなくちゃいけなかったり気づいたら発表者の人がいなくなっていたりすることもしばしばあります。そんなときに,紙に書いて発表者本人に渡せるというのはいいなと思いました。発表者本人からしても,あとでその紙を見ながら落ち着いて見直すこともできますし,指導教官とシェアして相談したりということもできます。指導教官の先生からしても,自分の指導生の研究がどんなコメントをもらったのかは興味があると思いますし(たぶん),発表の場にいられないということもあるでしょうから,指導生がコメントシートを見せてくれたらそれは学生の研究指導に(直接的にではなかったとしても)役に立つのではないかと思います。

また,私も最初はそうでしたが学会発表のときに手を挙げて質問するのは特に若い人は躊躇したり勇気がなくて手を挙げて言えないこともありますから,そういう人たちにとっても紙に書いて渡せるのはメリットがありそうです。一応名前や所属を書くことが想定されているのだろうというスペースもありましたが,それを書かなければ匿名で質問することもできますし。

私は海外の学会に行ったことはないので雰囲気はわかりませんが,国内の学会だと質問が出なくて質疑応答の時間を早めに切り上げる(あるいは司会者の先生がアイスブレイキング的な質問をしたり)ということもしばしばあるので,コメントシートを作ったところで誰も書かないということもあるのかもしれませんが,書いて渡す(実際には司会者・コメンテーターの先生が回収して発表者に渡す)のならコメントしようという層もいるんでしょうかね。どうなんでしょう。講演やシンポジウムだとコメントシートを集めて回収というのはよくあるパターンですが,自由研究発表だとなかなかないですよね。あったらいいなと思います。

1つだけ残念だったことは,時間の都合などもあるでしょうが最後の講演まで残っている発表者や学生の方が少なかったことです。「発表しなきゃいけないから来た」という人もいたのでしょうし,それはそれであまり責める気にはならないです。ただ,自分が発表して終わりというのはもったいなくて,他の人の発表を聞くことでも自分の発表を相対化できる貴重な機会なのに,それを逃してしまうのはもったいないなぁと。最後の阪上先生の講演も,「これから教師になる人たちへ」っていう講演だったのに,本当にあの話を聞くべき人たちはあそこまで残っていたのかなと少し残念な気持ちになりました。「中部地区」というのは広いので,新潟や長野から来ている学生さんもいましたし,愛三岐以外からの発表者には新幹線の片道×1.5倍の交通費の補助が出たとはいえ,泊まりは厳しいので早く帰らなくてはいけないという事情もあったのかもしれません。プログラム作成が悩ましいですね。朝早くにすればそれはそれで前泊しないと間に合わなくなってしまいますし,かといって18時終了のプログラムだと帰りが間に合わないとなってしまったり。じゃあ,といって時間を圧縮するためにパラレルで1枠の発表数を増やせば(5部屋同時とか),人がばらけてしまってオーディエンスが少なくなってしまいます(そして部屋数が増えればお金もそれだけかかってしまったり)。難しいですね。講演を最初にやるとそれはそれで人が来ないかもしれないので,研究発表の間に講演を挟むっていうのもありかもしれません。

あとは懇親会ですね。発表者の人で懇親会に参加したのは3人(うち2名は名大の後輩)で,発表者の交流の場になったのかはちょっと疑問です。これも時間の問題があったと思うので,懇親会的なものをやるのだったらランチ(軽食)ビュッフェ的なものをやって,発表者の人たちが縦にも横にもつながりを作れるようなチャンスを作れたらいいのではないかなと思いました。この時間どうするかみたいなあたりは,それぞれの県が密集していて交通アクセスもそれなりにいい関西とかとの事情の違いですよね。

とまぁ色々言いましたけど,「じゃあ誰がそれやるの?」って言われると色々アレなんですが,全体的にはとてもおもしろかったですし,行ってよかったなと思ったので,持続可能なイベントになってくれればいいなと思います。

なにをゆう たむらゆう。

おしまい。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中