院生こそ出汁を取れ

「お前何様だよ」っていうタイトルをつけてしまったことをお許しください。

先日、下の記事をふと見つけました。

「だし愛好家」が語る、だし生活を始めるべき8つの理由

で,記事を読んで影響されて私も無理せず出汁とる生活みたいなことをしようかなと思ったわけです。始めて2週間くらい経っての感想は,

マジで出汁うまい。

この一言に尽きると思います。This is what I neededって身体が叫んでる感じがします。大学院生って,生活が不規則になりがちで,コンビニ飯や外食が多くなりがちなんですよね。そんな中でも自炊を心がけてはいたのですが、出汁を取るというのは今までやって来ませんでした。実家でも顆粒だしでしたし,そこまでするのは面倒だと思っていたからです。ただ,院生こそ出汁取ってお味噌汁作ってほしいです。身体が喜びます本当に。

出汁の取り方は,高校の時に家庭科で習ったことがあります。家庭科で調理実習がある時には,班の誰かが昼休みに調理室に行って鍋に水張って出汁用昆布を入れておき,始業と同時に鍋に火をかけて昆布出汁を取るところこらスタートしないと怒られるみたいな授業を受けていたからです(今思うと,そういう料理の基本とか,手編みのマフラー作りとか,高校の家庭科でやったことはすごく生きる力になっていると思います。編み物はあれ以来やったことないですが)。

沸騰寸前に昆布を取り出し,鰹節を入れて火を止めてふきんでこして合わせ出汁にする。これがもうめんどくさいわけですよね。ただでさえさっさとご飯作って食べたい時に,この一手間は無理だと。

そこで,記事で紹介されていたように,麦茶ボトルで昆布だしをやってみました。書籍は読んでないのであくまで自分流ですが,百均で1リットル用のプラスチックボトルを買ってきて、そこに出汁用昆布と水を入れて冷蔵庫に入れておくだけ。味噌汁やうどんや煮物を作る時は,水を沸かす代わりにそのボトルからだし汁を入れて使うだけ。これだけでも十分です。

鰹出汁は,これまた百均でコーヒードリッパーとペーパーを買ってきて,コーヒーを淹れる容量で鰹節にお湯をかけるだけ。これだけでも十分。しかも簡単です。

合わせ出汁にするときは沸騰寸前の昆布出汁を鰹節にかければ良いことにしています。サーバーはないので,お鍋の上でドリッパーを持って,お鍋の中のだし汁をおたまですくってはかけて,すくってはかけてみたいなことを数回繰り返して合わせ出汁にしたりしています。

普段のお味噌汁をこのだし汁で作るだけですごく美味しいし,おうどんもこのだし汁に醤油を少し入れて味を調整するだけで良いと思っています。

いや,そりゃあ「ちゃんと」やった方がもっと美味しいのだと思いますが,めんどくささと天秤にかけたら「これでも十分」って私は思っています。なんというか,味が濃くないのに味がしっかりするんですよね。だしの旨味が味わえると言いいますか。

外食とかコンビニ飯とかが続いてなんかお腹は減ってるけど牛丼とかラーメンとか中華とかそういう気分じゃないなあみたいなことありませんか?そういう時こそ,サクッとだし汁沸かして好きな具材に火を通してお味噌汁とご飯と納豆。ご飯を炊くのが面倒なら週に1回たくさん炊いて,小分けして冷凍しときましょう(炊きたてじゃないととか文句言う人は知りません)。納豆は賞味期限切れでも味は落ちるけど全然食べられます(なんの宣伝だ)。これだけで生き返りますから。味噌汁がめんどくさいならうどんでもいいです。乾燥わかめでわかめうどんとか溶き卵入れるとか冷凍した油揚げ入れるとか。そういう手抜きでもいいからお出汁摂取してみてください。

身体の内側からThis is what I neededって声が聞こえてきませんか?きませんか…

私の説得力が足りなかったようです。『だし生活、はじめました』を読んでみましょう。私も読んだことないので読んでみようと思います。Amazonで調べたら,「出汁ポット」なるものもあるようですね(ちょっと高いかなと思いますが)。

なにをゆう たむらゆう。

おしまい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中