vlookup関数で参照先が複数ある時

春学期の成績つける際に書いてあって放置してあった完全に自分用メモです。

成績をつける際に,vlookup関数で名前やIDを参照するというのはよくある作業だと思います。vlookup関数の引数の基本は以下の通り。

vlookup(参照元,範囲,引っ張ってくる列,参照方法)

で,名前の列が1列ならこれだけでいいのですが,スピーキング授業の話の記事で紹介したようにペアでスピーキングテストなんかをやると,得点の列は1列で,名前の列が2列になります。最終的な成績が入るExcelシートでは名前は1列で,vlookup関数は指定範囲の1列目から名前を探してくることになりますから,2列目にある名前は参照されません。そして,誰が1列目で誰が2列目かはわからない状態なので,人によって参照範囲を変えることもできません。そこで使うのがIFERROR関数です。

IFERROR関数は,1つ目の引数でエラーが出た場合に2つ目の引数を実行するという関数です。つまり,この関数の1つ目でペアの1列目から始まる範囲を指定し,2つ目の関数でペアの2列目から始まる範囲を指定すれば解決するというわけです。意外に簡単でした。つまり,

IFERROR(VLOOKUP(名前セル, 参照先1, 引っ張ってくる列, 参照方法), VLOOKUP(名前セル, 参照先2, 引っ張ってくる列, 参照方法))

とすれば良いことになります。参照先1では2列あるペア列の1列目が先頭列になるように指定し,参照先2では2列目が先頭列になるように1列参照列を右側にずらします。そして,引っ張ってくる列も1列ずらして指定します。こうすることで,1列目の中から名前を探して点数を引っ張ってきて,もしここでエラーが出る(つまり1列目に名前がない)場合には2列目の中から名前を探して対応する点数を引っ張ってくることになります。このやり方を応用すれば,ペアだけではなく3人や4人といったグループの場合でも同じことができます。もちろん,Rとかで縦横変換して名前の列はすべて1列にまとめるようなことをしても最終的に名前が1列,点数で1列という形のデータを得ることはできるのですが。今回はEXCEL上で完結させる場合の話でした。

なにをゆう たむらゆう。

おしまい。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中