ライティングの授業でビデオフィードバックをやった話

はじめに

私は過去の記事で,自分のライティングの実践について何回か書いてきました。その中でもフィードバックをどう出すかということは常に悩みのタネでした。

Word Onlineを活用したライティング活動

ピアフィードバックの話(ライティング)

ライティングの授業

Word Onlineを使って書いている最中にフィードバックを出しつつも,授業中の書いている時間だけでは私のフィードバックが追いつかないですし,学生も授業外の時間を使って次週までに仕上げてくるということも多いので,授業外でもフィードバックをする必要はありました。もちろんフィードバック出さないという選択肢もアリなんですけどね。私はコミットする方を選びました。Wordのコメント機能で普段はフィードバックをして,最終稿はPDFで出してもらっていたのでそこにiPad×Apple Pencilで書き込みをして返却していました。

とはいえ,書くのってめんどくさいんですよね。タイプするにしろApple Pencilで書くにしろ,とにかくめんどくさい。そこで,「これもう書くのめんどくさいから喋っちゃえばいんじゃね?」,「ドラフト見ながら直すべきところについて喋ってそれを画面キャプチャで録画して,その動画を見てもらうほうが効率よくフィードバックが返せるんじゃね?」と思ったのでやってみたわけです。

これは画期的なことを思いついたなと思いました。しかしですね,そんなに甘くなかったよというのが今回のお話です。

ビデオフィードバックのほうが時間がかかる

結論から言いますと,ビデオフィードバックのほうが普通にWordやPDFに書き込みするより時間と労力がかかりました。毎週やらないにしても,私は2クラス合計で30人以上を担当していたので,この人数に対してビデオフィードバックは無理がありました。もちろん,隔週で1クラスごとにしたり,あるいはビデオフィードバックを希望する学生の締め切りを早めに設定して人数を少なくしたり,最終的にはSlackのPollでビデオフィードバックがいいと回答した学生のみにビデオフィードバックをするというようにして対象となる学生の人数を意図的に減らそうとしました。学生にとっては申し訳ない気持ちもありますが,このためだけに研究室に泊まったこともあったので,正直そこまでしてやれないなというのが感想です。今後同じようにビデオフィードバックをするのであれば,500語以下のエッセイであれば10人,150語程度のエッセイであれば15人くらいでないとやらないと思います。それくらいしんどかったので,はっきり言ってビデオフィードバックは全くおすすめできません。

どんなビデオフィードバックをしていたか

少しだけ,実際にどのような方法を実践していたのかについて簡単に述べます。ドラフトのWordファイルは学生と教員でOneDrive上で共有されていますので,毎週指定した日時までに,その週までに書き上がっているべきところまで書けている者に対してビデオフィードバックをするようにしていました。方法としては,Macにデフォルトで入っているQuickTime Playerの動画キャプチャ機能を使って動画を録画していました。ファイルを開き,一旦読んでコメントしようと思っている場所にマーカーをつけたり,あるいは意味が理解できない場所に「???」とコメントを挿入したのち,その画面を見ながら,iPhoneについてくる純正のマイク付き有線イヤフォンを使ってフィードバックを一通り喋って録画し,その動画ファイルを個別に学生とOneDriveで共有するという方法をとっていました。次の授業時に学生はそのフィードバックを見て修正をするという感じです。たまに画面をスワイプして辞書の用例を見せたり,あるいはGoogle N-Gram Viewerでコロケーションの頻度を見せたり,iwebコーパスのコンコーダンスラインを見せたりしながらフィードバックをすることもありました。

指定の日時より遅れてファイルが更新された学生については,時間が遅すぎれば何もコメントしませんでしたし,少しの遅れくらいならWord上でコメントするだけにしていました。Final DraftはPDFなので,iPadで動画キャプチャを取りながら書き込みをすることもありましたし,Wordファイルのときと同じようにMacでPDFファイルを開いてそこにマーカーつけたりしたものに対してしゃべることもありました。

なぜ時間がかかるのか

上記の説明を読んでいただければ,それだけで,「これは時間かかるだろうな」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ただ,様々なリソースを参照する作業については私の英語力不足もあって結構頻繁に行っていました。間違ったことは教えたくありませんし,自分の感覚だけでは自信がないなと思える部分もあったからです。

しかしそれ以上に私が感じたのは,しゃべるほうが丁寧に言葉を尽くすから時間がかかるということです。つまり,コメントを書き込むだけだとスペース的にも時間的にも最小限の言葉で伝えようとするので,1箇所に対して長くコメントをつけることにはなりません。ところがしゃべるのは書くより楽なので,1箇所に対してすごく丁寧にコメントするんですね。これ自体はいいことで,私は学生から「コメントがきつい」「怖い」とそれまでは言われることもあったんですが,動画のフィードバックだと「優しい」「わかりやすい」というポジティブな感想しかもらわなかったです。私の労力を度外視して単純に学生の満足度という観点だけを考えれば,ビデオフィードバックをやったほうが学生には受けると思います。これはどんな先生がやってもそうでしょうね。でも考えてみればそりゃそうだろうという感じで,ビデオとはいえ学生からしたら長いときで15分くらい1対1の感覚で先生から指導を受けるわけですから,その手厚い指導のほうが,Wordのコメントを読むよりも丁寧な指導を受けていると感じるに決まっています。普段の授業で学生1人に対してそんなに長い時間つきっきりで指導することなんてできないわけですしね。

また,なぜか動画になると,「このイントロのところはすごくいい流れだと思う」とか「全体の構成としては前よりは良くなっているなと思う」みたいなポジティブなコメントをしている自分に気づいたりもしました。WordやPDFでのコメントだとほとんどそんなことはしていなかったと思います。ポジティブなフィードバックを出すこと自体はいいことなのですが,そういうコメントもしている分ビデオフィードバックは時間が余計にかかりました。

また,それ以外にも読みながらコメントをしゃべることができないため,(1)読む,(2)コメントすべき箇所に目星をつける,(3)実際に動画を収録する,という3つのプロセスを経ないといけませんでした。したがって,読みながら,たまにコーパスや辞書にあたったりしながらコメントをしていくよりも時間がかかるということもあります。本当に即興でコメントを喋ろうとすると,当然ながら沈黙が空いてしまったり,話す内容があっちこっちにいったりして見る側からしたらわかりづらいものになってしまいます。かといって,収録したあとにあとから編集なんぞしようもんなら余計にめんどくさい作業が増えてしまいますよね。その意味でも,ビデオフィードバックはハードルが高いなと思いました。

時間をかけただけの効果があるか

データを取って分析したわけではないので,これはあくまで私の印象論になりますが,学生が「わかりやすい」というような感想を述べたところで,それすなわち身になっているとは限りません。そして,正直言ってビデオフィードバックにしたから学生が伸びた,とは少なくとも秋学期のだいたい半分手前くらいから始めた実践の短い間(おそらく10週くらい)では感じられませんでした。ライティングのクオリティがあがっているなと感じた学生はビデオフィードバックでなかったとしても伸びていただろうなと思いますし,ビデオフィードバックで丁寧に指導しようが,それがドラフトに反映されてこない学生がゼロになることはありませんでした。つまり,時間と労力を注ぎ込んでも(そのつぎ込み方の問題だと言われたら何も言い返せませんけど),それに見合った成長が見られたという実感は正直ありません。もちろん,短期的には見えなかっただけで、この先に何か変化が見られるかもしれませんし,今後の彼らの学習経験に何か影響を及ぼすかもしれません。

おわりに

ということで,ビデオフィードバックは人数が非常に限られたライティングのクラスでなければ,教員の負担だけ倍増して,フィードバックするのすら嫌になってくる(のに学生からはもっとほしいと求められる)のでおすすめできませんという話でした。正直,ビデオフィードバックができるくらいクラスサイズが小さいのであれば,いちいちビデオフィードバックにせずとも授業中に1人ずつ呼んで10分間面談するのでいいと思います。授業外でフィードバックを出さなくてはいけないからこそ負担感が増えるわけですので。授業内でフィードバックをできるのであれば,それに越したことはありません。

私は来年度からはライティングの授業をメインで担当しない予定ですが,おそらく来年度はビデオフィードバックはやらないと思います。とはいえ,最小の労力で効用を最大化する方法については引き続き考えていきたいなと思っているので,なにか別の方法で有益なフィードバックができたらいいなと考えています。

なにをゆう たむらゆう。

おしまい。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中