タグ別アーカイブ: パスタ

ベーコンとえのきの和風パスタ

おなか減ったけど冷凍していたご飯もなくなってしまったので夜ご飯はパスタにしました。冷蔵庫にあったのはベーコンとえのき茸のみ。さてなにパスタにしようかなと悩みましたが和風パスタにすることに。かつお節が決め手です。以下,簡単に作り方。

材料

  • パスタ麺:僕の普通は200gで1人前
  • スライスベーコン:今回は贅沢に4枚使いましたが2枚でも
  • えのき茸:1/2袋くらいですかね。1袋使ってもいいでしょう。あとは,エリンギやしめじ,椎茸などでも代用可能です
  • 醤油:大さじ1
  • 酒:大さじ1
  • かつお節:1袋(小さいパック分けのやつ)
  • サラダ油:適量(ごま油でもいいかも)
  • 塩:パスタ茹でる用
  • 塩コショウ:下味用
  • (めんつゆ):あるなら大さじ1/2くらいいれてもいいかも。ないなら砂糖をほんのひとつまみいれましょう
  • (鷹の爪):今回は使ってませんがピリ辛が好きな人は
  • (万能ねぎ):最後にパラパラとかければ色合いもよくなります

作り方

1. まず鍋にたっぷりのお湯を沸かしましょう。

2. お湯を湧かしている間にベーコンを1センチ幅に,きのこ類も準備。エリンギ切るならベーコンと同じくらいの大きさになるようにスライスするとよいでしょう。

3. フライパンに油をひきます。鷹の爪入れる人はここで種とって輪切りにした鷹の爪を入れて弱火で香りをうつします。

4. お湯が湧いたら塩をたっぷりいれてパスタを茹でましょう。ゆで時間はパッケージの時間マイナス1分が目安。

4. フライパンの温度があがったらベーコンを投入して少し炒めて,きのこ類を投入しましょう。

5. きのこ類がしんなりしてきたらちょっと塩コショウして一旦火をとめます。

6. フライパンに醤油,お酒,砂糖orめんつゆ,かつお節パックの半分をいれて,火にかけます。ちょっとまぜまぜして調味料と具材を絡ませましょう。

7. パスタを一本すくって食べてみて,芯がほんの少し残るくらいになったら鍋の火をとめます。

8. 湯切りはせずに,鍋から直接フライパンにパスタを移します。こうすることで,ゆで汁もフライパンに適度に入ってソースがいい感じになります。

9. パスタをフライパンに移したら,具材とすばやくまぜて煽ります。ここでは具材,ソースとパスタを絡めることが目的なので,手早くやるのがポイントです。

10. いい具合に具材とパスタが絡んだら火をとめて,お皿に盛ります。

11. 最後にかつお節パックの残りをパラパラとかけて完成です。万能ねぎがあればパラパラとかけてあげると見た目もぐっとよくなります。

万能ねぎとかパラパラすると色合いよくなりますね

万能ねぎとかパラパラすると色合いよくなりますね

というわけで,ベーコンとえのきの和風パスタでした。グリーンアスパラを薄く斜め切りにして使ってみても和風な味付けと相性いいでしょうね。あとはほうれん草でもいいかも。ちなみに,めんつゆオンリーで味つけしてもそれなりにはなると思いますが,ちょっと甘すぎると思ったので今回は使ってません。かつお節を1パック使うので,それでだしの代わりになりますしね。ソースと具材の組み合わせでいろんな楽しみ方ができるパスタ。かつお節をたっぷりいれるこの和風パスタの作り方,みなさんもお好きな食材で試してみてください。

なにをゆう たむらゆう

おしまい。

ベーコンとトマトのパスタ―アボカドペースト添え

ちょっと久しぶりにこれはうまいと自分で唸ってしまったほどのパスタを作ったのでレシピをメモしておきます。

材料(1人分)

  • パスタ(乾麺) 好きなだけ(僕は150gくらい)
  • ベーコンスライス 2枚
  • トマト 1個
  • アボカド 1/2個
  • 玉ねぎ 1/4個
  • にんにく 一欠片
  • オリーブオイル
  • クリームチーズ 大さじ2と1/2くらい
  • レモン汁 少々
  • 牛乳 少々
  • 塩 少々
  • 乾燥バジル 少々

作り方

  1. 大きめの鍋にたっぷりお湯を沸かす。
  2. お湯を沸かしている間に材料の下準備。ベーコンは1cm幅に切る。にんにくはみじん切り。玉ねぎは薄くスライス。トマトは下手を取り、横に半分に切ってから種を取り除いたあとにダイスカット。
  3. アボカドは熟れて結構柔らかくなってるものの方が調理しやすいと思いますが、若くて固めなら小さく切ってつぶしましょう。柔らかいものなら、割って種を取り出したらスプーンですくい取れます。アボカドはボールに実を取り出して、クリームチーズと牛乳を加えて混ぜます。レモン汁少々と塩少々を加えてさらに混ぜて、ペースト状になればOKです。
  4. お湯が湧いたらパスタを茹でましょう。塩はたっぷり入れて茹でてください。
  5. フライパンにオリーブオイルをひいて、みじん切りにしたにんにくをいれて弱火にかけます。にんにくは香りが飛びやすいので弱火でゆっくり香りをオリーブオイルに移すようにします。手際の良い人はは、先ににんにくを切っておいて火にかけ、他の野菜を準備しておくのでもいいと思います。
  6. フライパンの温度が上がってきたら中火にしてベーコンをいれて炒めます。そこに玉ねぎとトマトを加えてさっとあおります。
  7. 僕はいつも勘でパスタを茹でていますが、表示の時間より1分半から2分短目でも大丈夫です。特に茹で上がったパスタをフライパンでソースと絡めたりする系のパスタは。そうではなくお皿に盛る場合は、茹で上がり=食べる段階になるので1分短めくらいでしょうか。
  8. 茹で上がったパスタを6のフライパンに加え強火でさっとあおります。茹で汁も少しいれましょう。乾燥バジルをパラパラとふって全体に行き渡らせたら火をとめてお皿に盛り付けます。
  9. 3のアボカドペーストを上に載せて完成。パセリがあればパラパラしてください。

基本的に塩以外に味付けの要素はありませんが、ベーコンを使っているので塩だけでも十分に味がつきます。最初の2口くらいはベーコンとトマトのパスタを楽しみ、そのあとでペーストを混ぜて味の変化を楽しむのがいいかと思います。あえてペースト別添えにしましたが、フライパンの段階で一緒に混ぜてしまってからお皿に持ってもいいかと思います。

では。

アメリカ New Hampshireより

おしまい。