タグ別アーカイブ: 心理言語

概念数の処理に関する論文が出ました

下記の論文が,First Viewで公開されました。論文がDLできない方は,著者用のリンクをお送りするのでご連絡ください。

TAMURA, Y., FUKUTA, J., NISHIMURA, Y., HARADA, Y., HARA, K., & KATO, D. (2018). Japanese EFL learners’ sentence processing of conceptual plurality: An analysis focusing on reciprocal verbs. Applied Psycholinguistics. Advance Online Publication. doi:10.1017/S0142716418000450

名古屋大学大学院のD2のときに院生仲間と一緒にやった研究です。初めて国際誌に投稿した論文なので,概要と投稿の経緯を書いて置こうと思います。

概要

ざっくりとした結論は以下のような感じです。

  • 日本語を第一言語とする英語学習者も,英語母語話者と同じようにA and Bという名詞句を概念的に複数として表象していて,その複数を構成する要素にもアクセス可能
  • ただし,the parentsのように複数の構成素が明示的でない場合にはその構成素にアクセスできない(母語話者もできないと先行研究で言われています)

具体的な実験では,次の4条件における下線部の単語単位での読解時間を比較して,aではガーデンパスに引っかかることなく読んでいるという結果になりました。

a. As the mother and the father battled the child played the guitar in the room.

b. As the parents battled the child played the guitar in the room.

c. As the mother and the father left the child played the guitar in the room.

d. As the parents left the child played the guitar in the room.

battleのような相互作用動詞が目的語を取らないという解釈にいたるためには,主語が複数である必要があります。その時には相互作用動詞の後ろの名詞句は主節の主語として解釈され,ガーデンパスを回避できるということです。4条件作っているのは,(a) A and B(conjoined NP)とthe parentsのようなplural definite descriptionを比較したこと,(b) 動詞のバイアスの影響ではないことを示すために自動詞と他動詞の両方が解釈として可能な動詞の条件も用意し,その場合にはガーデンパスを回避することができないことを示す必要がある,という2点が理由です。

出版までの経緯

冒頭にも書いたように,この論文はD2のときにデータ収集を行い,その年の全国英語教育学会熊本大会で発表を行いました。その後,論文の形にして最初に投稿したのがその年度の終わりの2016年3月でした。

最初の投稿

まず,Bilingualism: Language and Cognitionに出しました。そこでは,査読に回る前に,「母語話者と比較してないからだめ」という理由で突っぱねられましたが,「母語話者のデータがなくともこの実験の結果のみで十分に価値がある」という長めのメールを送り,いくつかの修正条件を提示されたのでその修正をし,最初の投稿から1ヶ月後くらいに再投稿しました。査読に周り,再投稿時点から2ヶ月たってreject通知をもらいました。とにかく,コメントの鋭さが今までに経験したことのないもので,すごくショックを感じるとともに,これをもとに修正したらもっと良くなるに違いないとも思えました。

二回目の投稿

大幅な書き直しが必要で,イントロ,バックグラウンド,ディスカッションとほぼすべて書き換えました。そして,2017年2月に今度はLinguistic Approaches to Bilingualismというところに出しました。外部査読に回るまでが1ヶ月,外部査読に回ってからは3ヶ月で結果が来たので,投稿から最初の結果がわかるまでは4ヶ月でした。そして,またrejectでした。

正直,査読者のコメントはそこまで批判的ではなく,3人いるすべての査読者が好意的なようでしたし,コメントも対応可能なものが多かったです。それでもrejectだったので,Editorに抗議するか迷いました。しかし,私の副査であったM先生に相談したところ,抗議しても結果が変わる可能性は限りなく低いので,もっと別の雑誌に投稿するほうが良いというアドバイスをいただきました。印象に残っているのは,「IFが低いジャーナルが必ずしも通りやすいジャーナルではない」という言葉でした。

三回目の投稿

この時点で,私自身は割と自信を失いかけていましたが,第二著者の福田さんが,「この研究は絶対に面白いから,Applied Psycholinguisticsに出してみよう」と提案してくれました。私は,「それは無理じゃないか…」と思っていたのですが,あきらめずにやることにしました。二回目の投稿でもらったコメントも,論文の質を上げることにとても役に立ちました。三回目に投稿するときには,ほとんど穴という穴は塞いだ状態で投稿することができましたし,論の流れもだいぶすっきりしたものになったと自分でも思えました(それでも今読み返せばまだまだだなと思います)。

Applied Psycholinguisticsに投稿したのが2018年の1月初旬で,約2ヶ月後の3月上旬に結果が来ました。Major Revisionでした。3人のレビュワーのコメントはマイナーなものがほとんどで,1回目,2回目の投稿のときの半分くらいのコメントしかなかったと思います(1度目,2度目は計50近くコメントあったと思います)。結果のわかったタイミングが年度末で私も何かと忙しかったのもあり,修正にまったく手をつけられませんでした。期限ギリギリのGWにようやく修正原稿を提出し,その1ヶ月後の6月上旬にMinor revisionという結果がきました。3人のうち1人のレビュワーが細かい修正を指摘してきたので,その点を直し,2週間後に提出しました。最初は注が11くらいあって,さらには語数が制限ギリギリだったので,注を削って語数の範囲内に収めるのに苦労しました。このジャーナルでの3回目の投稿から2週間後の7月上旬に採択通知が来て,それからは書類を出したり校正を受けたりしました。

感想

本当は,大学院生のうちに私も国際誌に出したいと思っていたのですが,それは結局叶えられませんでした。国際誌にこだわったというのは,心理言語学系では国際誌のほうが選択肢が多かったからというのがあります。また,どんどんチャレンジしていこうという雰囲気が私の周りだけでなく色々なところにあったことも理由でした。そういう意味では,この時代だったから出版された論文でもあると思っています。環境が少しでも違えば,出版を諦めていたか,全く別の形で出版されることになったと思います。

結果的に,自分の専門を語るときに使う,「心理言語学」という言葉の入ったジャーナルに論文が出たことはよかったのかなと思います。心理言語的なアプローチをする先輩は名大にもたくさんいらっしゃるので,その先輩たちに追いついてそして追い越したいという思いもありました。

時間はかなりかかってしまいましたが,時間をかけて査読のプロセスを経たことで最初の原稿よりはいいものになったなと思っています。もちろん,これからたくさん批判を受けることでしょうが,それもまた自分の研究をより良くするために大事なプロセスだと自分に言い聞かせています。

最後に

私は,実は名古屋大に在籍した4年間で,私が第一著者,福田さんが第二著者という論文を出したことがありませんでした(逆は1つあります)。彼とはずっと一緒に長く研究をやってきていたので,今回の論文でようやく私が第一著者で二人の名前が載った論文が出せてよかったなと思います。これからもがんばります。

なにをゆう たむらゆう。

おしまい。

広告

Visual World Paradigmの分析

だいぶ前に書きかけで放置していた記事の更新です。

7月1日,2日で言語科学会に行ってきました。心理言語系の発表が多く,講演やシンポジウムでの発表も含めて,Visual World Paradigm(以下,VWP)という手法を用いた研究が結構ありました。このVWPは,ざっくりいうと主に音声で言語刺激を与え,それを処理している最中の実験参与者の視線を計測するという手法です。このとき,参与者は主に視覚提示されたいくつかの絵や写真を見ています。そこで,どこをどれくらい見ているか,あるいはどのタイミングでどこに目線がいきやすくなるのかを観察することで,人間の言語処理の仕組みを明らかにしようとするわけです。

で,そこですごく気になったのが分析方法。普通の文処理中の視線計測実験では,文のどこ(どの単語,句)をどれくらい見ているかなどを分析しますが,VWPでは音声データが流れていく時間の経過とともに変化する視線の動きを追っているわけで,時系列データになります。文であれば,画面上に1行で提示できるほどの長さが限界ですので,多くとも10-15語程度,その中で,分析の対象となる区域は2-3程度だと思います(注1 )。

ところが,VWPの人たちってまずこの区切り方がめちゃっくちゃ恣意的だったりします。それでもって,25msとか50msごとにグラフに点を売ったりしているわけです(eg., Ito et al., 2017, BLC)。え?待って?てことは50msごとにモデル作ってそれぞれで「検定」っぽいことしているわけ?LME(GLMM)使ってるからどうのこうのとか言う問題じゃなく,その分析の仕方っておかしくないですか?要するにt検定を数十回繰り返しているのと同じわけで,そんなことしたら第1種の過誤が飛躍的に上昇してしまうはずですよね(注2)?

たまたまBLCで見つけたので他意はまったくないのですが,Ito et al. (2017)ではその部分に対して以下のような記述があります。

This way of analysing the time-course increases the likelihood of Type I errors, but we note that the differences reported below show consistently reliable effects over multiple bins.

確かに論文中の図をみると,条件ごとの傾向がかなりはっきり出ているわけですが,だからといってそんな50msごとに「有意!有意!」みたいなことやるのは正当化されないでしょう。だって,繰り返しが多いので有意水準をめちゃくちゃ保守的にしますなんてことはやってなくて,t値が2超えたら有意ってことでいくんでよろしくとかやってるのですから。

VWPは手法としてはすごく面白いのだけれど,分析の手法が全然追いついていないのではないかというような印象です。このパラダイムで分析をしていくためにはもともとの注視時間のデータを割合にする(つまりある単位で区切ったときに,その単位時間のなかでどの領域をどれほどの割合で注視しているかというデータにしている)ということがおそらく不可欠だからかもしれません。そうではないと,視線計測の時系列データから興味関心のあるデータをうまく取り出すことができないからです。もっといい方法ないのかなと思うのですが…

もし仮に単位時間を恣意的に設定して「観測点」のように捉えることは出発点としてOKだとしても,それはやっぱり時系列データ分析の手法を持ってくるほうがいいように思います。以下の記事のような考え方です。

二つの時系列データの間に「差」があるか判断するには

自分でこの時系列のデータ分析を実装する技術を持ち合わせているわけではないのですが(そもそも視線計測のデータセットを見たことがないのであまりイメージも浮かばない),誤差による上下動があるなかでの特定の条件での「変化点」を検知したり,あるいは区域ごとではなく「全体として」プロセスが異なることを分析するような考え方ができたらいいのではと思います。区域ごとに区切って分析するとはいえ,前の状態の影響を一切受けずに次の状態が決まるわけではなく,前の状態があるから次の状態に移行するわけで。たぶんこれって視線計測装置とか文処理にかぎらず,時系列になっている(観測点が時系列上に複数並ぶ)データに対してはすべて当てはまると思うんですよね。longitudinal studyとかも含めて。

私も結局はエンドユーザーなので,自分がそういうデータセットを前にしたときにうまく分析して解釈できる自信があるというわけではないのですが,なんかもやもやするなぁと思いながらずっと発表を聞いていたのでした。

なにをゆう たむらゆう。

おしまい。

 

注1. もっと解像度の低い視線計測装置だとヒートマップみたいなもので視覚的にどの辺を多く見ていたかとかやることもあるかと思います。パッセージ読んでるときの視線とか。

注2. これはもちろん自己ペース読み課題の分析にも当てはまるのでブーメランです。