タグ別アーカイブ: 指導案

2回目の授業を終えて

どうもみなさんこんにちはお元気ですか。僕は元気じゃありません。なんだか授業のことだったり修論のことだったりでもやもやしてたり体調があまりよくなかったりで、先週授業をやったのですがそのことについてブログを書けていませんでした。今日はそのことについて。といっても、先日W先生に、「日本語より英語のほうが断然読みやすい」ということを言われましたので、詳しいことは僕のreflection paperを見ていただければと思いますw

こちらが先日の授業のレッスンプランのリンクです↓

https://drive.google.com/file/d/0BzA9X1kZX185RzB6d3dwR09uckU/view?usp=sharing

Twitterでもつぶやいたんですが正直な感想をいうと、僕自身この授業は結構「やっちまった」感が強くて、あまりいい授業とはいえませんでした。復習に力を入れて、主語+Be動詞の短縮形や否定の形が言えることを確認したあとに、それらを使って否定文や疑問文を書かせてみるということをやりました。前回は口頭産出をかなり徹底したんですが、今回は「書く」ということにより重点をおきました。もちろん、僕が相手にしている生徒さんたちのことを考えると、oralのスキルの方が大事になってくるとは思いますが、普段の様子を見ていると熱心にノートに書き写す姿をよく見かけるので、「書く」ことに対する抵抗や不安はあまりない、というかむしろ書きたいという欲を満たしてあげられるのではないかなという思いもありました。

文の書き換えの問題をいくつか載せたワークシートを見ていると、スペリングミスや文頭が大文字で始まってなかったりクエスチョンマークがなかったりというミスや、疑問文生成の際の主語助動詞転倒が理解できてなかったりというようなミスが目立ちました。ちなみに今回も現在進行を扱ったのですが、これの疑問文は既習済でした。ただしこれで躓いている人がかなりいたので、疑問文を時間をかけて復習(あるいは再導入といったほうがいいのかも)するのが先にあるべきだったと反省。

最後の活動は、導入済みの語句をスロットにあてはめてのペアでのguessing gameでした。ペアの片方が9枚の中から写真を選び、その写真を”Are you ~ing?”と質問していくという感じ(レッスンプランにはIs she/heと書いてありますがなぜAre youでやったかはpaperに言及があります)。one way information gap taskともいえるかもしれません。authenticityの問題はあるかもしれませんが、pedagogical taskとしてはまあ機能していたと思います。思っていたよりは食いつきがよくて結構意欲的に取り組んでくれました。

僕の書いたreflectionのリンクを貼っておきます。

https://drive.google.com/file/d/0BzA9X1kZX185R29VWUg0ME5ZZUk/view?usp=sharing

以下先生からのfeedbackで僕が「ああそうだなあ」と思ったところを抜粋して載せます。

一つ目は質問の仕方に関して。

Your original question, “What is s/he doing?” resulted in many possibilities. In order to differentiate instruction, you could have accepted the many partial answers you received on the way soliciting the sentence you had in mind. For example: The “Taking a break” picture resulted in “getting water” and “holding a glass” both of which are correct answers. Further questioning might have yielded the desired response: “Where is she?” (at work; in the office) “Why is she drinking water? “She’s thirsty; she’s taking a break from work).

二つ目はworksheetに関して。

Since the sheets were 2-sided, for the sake of giving directions, you could label each exercise or side of the paper as A or B so that when you referred to them you could cay, “Look at exercise (side) A….” Saying “the other side” doesn’t identify which side you actually want.

最後は全体に関して。

I would like to see a little more direct instruction. Just telling or showing a student something once is not teaching. It needs to connect to previous learning and all teaching should begin there then lead the student to the new information.

他にも自分が教えてるときは気づけなかった点に言及されていて勉強になります。ここまで詳細にfeedbackをもらえる機会はなかなかありませんしね。そんなわけで明日も授業があるのでその準備もしなくては。読まなくてはいけないものがどんどん溜まっているのでそちらにも目を配りつつ。図書館に本が結構届いているようなのでそれも引き取ってきます。

では。

アメリカ New Hampshireより。

おしまい。

実習先での初授業

どうもどうも。ここ最近のニューハンプシャーはなんだか寒暖差が激しくて、先週は最高気温が摂氏10度くらいになる日もあってなんだか身体がおかしくなりそうでした。最高気温が氷点下なんてこともあるので、最近はマイナス6度くらいまでならあまり寒くないと思うようになっています。

さてさて毎週火曜日に実習先で授業を見ていて、オブザベーションというよりはアシスタントみたいな感じで授業に入ってやってる感じでした。今日は、初めて自分が考えたレッスンプランに基づいて、僕が前で授業するという感じ。レッスンプランのリンクです↓

https://drive.google.com/file/d/0BzA9X1kZX185ZmJST2poOUZ1ME0/view?usp=sharing

タイトルがLESSON PLAN FORMATになってるんですが、これはうちのFORMATをコピペして作ってたらタイトルだけ変え忘れてしまっただけでして、あのこれは僕が書きましたw

過去のエントリー(初めて感じた「褒める」ことの必要性「英語は世界中で話されているから勉強しよう」)あたりで、僕の実習先の様子などを書いているので、参考までにどうぞ。というかむしろバックグラウンド的なことはここでは省かせていただきますご了承ください。レッスンプランにざっと流れは書いてるわけですが、なにやったかっていうと、simple presentとpresent progressiveの比較と口頭練習ですね。時間は90分となってまして、全体で3時間のうちの前半を僕がやったという感じですね。学校教育ではないので、割りと時間とかに緩くて、そういうところ僕はとにかく隙間なく無駄な時間を極力なくしてっていうマインドなのでガツガツやりすぎてしまったかなという感もややあるんですが。

流れに沿って振り返ると、導入では写真を見せながら現在形の導入。ここ数週間は、基本的に現在進行形で日常生活のアクティビティに関する語彙を使って練習するという感じでやっていて、人称とbe動詞の一致や疑問文への変換など割りと機械的操作が多かったんですね。僕がなぜ現在形との比較をやったかというと、なぜbe動詞とV-ingという形式が使われて、それがどういう意味を表すのかというのを理解して練習に取り組んでいるのかという点にすごく疑問があったからです。主語がIならamでとか、動詞のうしろにingをつけて(例えばスペリングでいうとmakeにingをつけるとeが落ちるなんていうこと)は知っているんですね。でもそれの意味わかっているのかなあって。現在形は既習で、先生曰く現在進行形との比較をしたことはなかったということだったので、じゃあそこを扱おうと決めました。まずは復習として、テキストに出ている写真を見せて、それぞれの写真でなにをやっているかを確認。例えば、clean the roomとかmake dinnerとかdo the laundryとか。生徒さんたちは、この写真を見たらingをつけて言うように訓練されているので、cleaning the roomとかって答えてきます。そうやって動詞句を確認した後で現在形を提示。

これは僕が提示したスライドです。まず初めに曜日の確認をして、「はい今日は何曜日ー?」「火曜日だねー。明日はー?」「水曜日ー。」「明後日は?」「木曜日」その次は?」「金曜日」(以下略)みたいな感じでひと通り曜日がわかってることを確かめたあとで、このスライドの1枚目を出して、これだとアニメーションがわからないんですが、Mondayだけがスライドに出ている状態で、”Guess what I do on Monday?”みたいなことを聞いてみます。最初は「???」って感じなので、写真を見せて、”I do my laundry on Monday.”と何回か聞かせた後に文を提示。なんかもう機械的にリピートするクセがついているのか、僕がただ聞いているだけでいいからねと言ってもリピートする人も結構いました。真面目な生徒さんは僕の提示した文を一生懸命ノートに写していたり。さて、次のスライド。同じ要領で、曜日だけ見せておいて、なにが出てくるかを考えさせます。ちょうど今日が火曜日だったこともあって、”teaching!”なんて答えもでてきたりとかw 写真を見せて、ターゲット文を言って、文を提示。水曜日までいくと、なんとなく要領がつかめてきたのか、テキストの例を見て、”washing the car!”とかそういうのがいろいろ出てきます。こんな感じで、月から金までやって、そのあとはevery morningとかevery nightなんていうのを出したり。最後にはevery dayです。こんな感じで、現在形のもっている「習慣」の意味に焦点をあてました。別にGoogleで画像検索してもいいんですが、僕自身の写真を使うことで興味をひけると思いましたし、主語を一人称だけで文を作れるのでそうしました。習っているとはいて、現在形で主語がかわると三人称の-sがでてきてしまい、また現在進行形でもbe動詞の形がかわっていろいろ複雑になるので、極力シンプルにという狙いです。もう少し上のレベルだったら、例えば他の先生の写真だったりとか、あるいは生徒の写真を撮ったり、有名人の写真とかを探してみて使うのも練習にはなるかもしれません。とりあえず今回は一人称のみです。

現在形をいれたあとに、現在進行形との比較。まあありがちですけど実際にその場でやるってやつですね。教室内でその場で自然に表現できるものの方がわかりやすいと思ったので、

I drink water every morning.とI am drinking water nowの比較。前者を何回か言った後に、実際に水を飲むところを見せてI am drinking water now. といいます。そうやって、現在形と現在進行形の違いを示したあとで、I drink water. という文を提示して、アニメーションでamとingをくっつける様子を見せて視覚でも認識させます。

そのあとは、スライドで写真とともに提示した文を1つずつ見ながら、現在形と現在進行形の文をリピートさせました。リズムや発音にも特に気をつけながら長い文は後ろからon Wednesday→on the phone on Wednesday→talk to my friend on the phone on Wednesday→I talk to my friend on the phone on Wednesday.という感じでやってみたり。この文では主語のIがなくても同じリズムで読めるようにっていうのを指導しました。丸いテーブルが3つあるという配置だったので、うまく言えてないところはテーブルごとに指導したり、発音が間違っているときは僕の口をよく見るように言って、少し大げさにやってみせたりするようなこともテーブルごとにやりました。何回かやってると、ぱっと誰かが綺麗な発音をしていたりしていて、そこはすかさず「それ!今の!」とかって拾ってあげたり。

文が8種類のそれぞれ現在と現在進行形ということで最後の方ちょっとだれちゃっていたきもするのでもう少し読ませ方のバリエーションとかがあったらよかったと思います。

その後には、ペアを作って、ペアで1枚の紙を渡し、片面にはさきほど練習した文の現在形、もう片面には対応する現在進行形の文を印刷したものを配って、向い合って紙を持ち、現在形の方を見ている人は対応する現在進行形を、現在進行形を見ている人は対応する現在形の文を言わせるという活動をしました。説明したあとに、1組ペアを前に呼んで、デモをやらせたんですが、わかってると思いきやこれがなかなか伝わらなくて、結局とりあえずやってみようということでやらせたんですがほぼ全員書いてある文をただ読むだけという活動になってしまい、僕の授業を見に来ていた大学の先生と僕の実習先の先生も総出で教えることになる始末。これは大失敗でした。確かに少し複雑かなとは思いましたが…どうやったらもっとわかりやすく説明できたのかなあということは終わった今でも答えは出てません。

まあそんなわけで、途中で裏に書いてある文を言うんだということを理解した生徒さんが何人か出てきて、母語の通じる人同士では母語で説明しあっていたりしたのですが、それでもなかなか理解するのが難しかったようでした。そのあとにやったのはグルグルです。

https://drive.google.com/file/d/0BzA9X1kZX185Nzk3WlhZd19wd2M/view?usp=sharing

こんな感じで、現在進行形の文を長さと難しそうな発音があるかないかっていう観点で僕の独断で並べました。まずざっとclearningとかroomなどのLとRや、laundryやdrinkにあるdrの発音あたりを全体で確認したあとに、テーブルを脇に寄せて、教室の真ん中で輪を作って、僕にとっては本格的にこれだけの人数(20人くらい)でグルグルをやるのは初めてでした。なるべく厳しくするように心がけたのですが、やってるうちに自分の基準がぶれたりしてないかとかいろいろ考えたり、あまりにも同じ所でつっかえすぎてるとその場で何回かリピートさせたりとかしてちょっと1人にかける時間が長かったよなあ絶対とは思いました。それでも、授業を通じて同じ英文を素材として使っていたので、「読まないで目を見て」という指示をださなくてもしっかり文を言えている人も結構いて、僕自身もチェックする際の距離感をやっているうちにどんどん縮めていけたと思います。やはりlaundryで止まる人が多くて、drinking waterまでいけた人はいませんでした。途中で、OK出たのにまた同じ文を言ってる人が何人かいたので一回止めて、一度OKもらったら次の文にいくようにと指示を出したら、できてないのに次の文にいく人とかもいてあれれと思ったのですが、そういう人が次の文、例えばroomでつまってたけど次のhomeworkはちゃんと言えるみたいな例もありました。そう考えると、なにも順番通りにしなくても、自分が言えそうなやつからチャレンジするっていう方法をとっても良かったかもしれませんが、そうやって指示したときに、どれからでもチャレンジしてよくてそれは自分で決めてもいいよということが理解してもらえたかどうか、というより自分がそれを理解させられたかを考えるとちょっと自信がありません。

文法的なことをいうと、導入時に形式を明示したいがために使ったam V-ingという形式のまま口頭練習させていたことがどうかという点はあると思います。I’mのほうが普通ですし、それは既習事項でもあるので、どこかでさらっとI am→I’mに変えて練習はそちらを使ったほうがよかったかもしれません。また、同じ文を最初から最後まで一貫して使うということにこだわったおかげで、その文を正しい発音で言えるというところまではいけましたが、結局使った文はI amといっておいてまったくpersonalizeされたものでもないですし、対面練習のときにも、曜日が固定されているということははっきり言ってどうでもいいことではあったと思います。別にcleaningが月曜でも、taking out the garbageが水曜でもなんでもいいわけで。ただし、じゃあここで、自分で1週間の予定を作ってみよう的な活動をしたとして、それがうまく機能していたかどうか、あるいはそれを伝えあうようなinformation-gap系の活動をしたとして、それがうまくいったのかどうか。僕はそれは結局ぐだぐだになってしまっただけだと思うんです。もちろん、実際にどういうところでやっているかレベルがどれくらいなのかは僕が一番わかっているわけでしてこういうこと言うのフェアではないんですが、僕は、このレベルではとにかくたくさん聞いて、たくさん練習する、僕はそれこそこれが「英語に慣れ親しむ」ってことなんじゃないのかなと思うんですね。それに、僕が授業に入って、発音に注意を向けるようにって指導しているために、自分から口に出して練習していたり、僕にそれを聞かせようとしてきたりということがあったりして、下地みたいなものはできているような気がします。そういう練習をさせるにも、意味は理解させた上でというところはしっかりしていかないと思います。そこが足りないとずっと感じていたので、それをやれたことはよかったんじゃないかと思います。まあそうはいっても、対面練習は初めてだったということもあって機能しなかったのでちょっと改善が必要なんですが…まああまり焦りすぎずというか、授業時間が90分あるといっても、あまり多くをつめ込まず、ゆっくり一歩ずつ、着実に、というのを忘れずにやっていきます。これからもっともっと授業やりますし。

では。

アメリカ New Hampshireより。

おしまい。

追記:2/14/2013

先生からのfeedbackと僕のreflectionのファイルのリンクを貼っておきます。もし興味おありの方いましたらどうぞ。

feedback

https://drive.google.com/file/d/0BzA9X1kZX185eHIxZFNDM3piZU0/view?usp=sharing

reflection

https://drive.google.com/file/d/0BzA9X1kZX185YlRKYUdQcHBsemM/view?usp=sharing 

Consciousness-raising task

どうもお久しぶりです。前回FonFの記事を書いてから3週間くらいでしょうか。なんとかかんとか秋学期に履修していた3つの授業が無事に全て終わり、冬休みに突入です。というわけで、木曜日に終わって金土ととくになにをしたってわけでもなくリラックスして本を読んだりしています。まだ雪があまり降ってないのですが近々初滑りにも行こうと思います。

さて前置きが長くなりましたが今回は記事のタイトルにもあるようにconsciousness-raising taskについて、その中でも特にtaskの主題を「文法問題の解決」に設定しているconsciousness-raising grammar taskというものについて、課題でペーパーを書きました。まあ授業はlinguistiscsという名前がついていたんですがやったことは前半は音声学について、後半はThe Grammar Bookを読みすすめるという感じで特に「言語学」をやったという気はあまりしていないのですが。この課題で求められていたことは文献や教科書のレビューと、そこからある特定の言語的側面に焦点をあてた指導法の検証とその批評?ということでして、僕はとにかくtaskに興味があったのでTBLT関連の文献から入って、また文法指導にも興味があったということもありこのconsciousness-raising taskについて書くことにしました。ペーパーの構成的には、

  1. Introduction
  2. What is task?
    1. Definition of task
    2. Type of Task
    3. What is Good Task
  3. Characteristics of EFL context
  4. Task-based Approach to Grammar Instruction
    1. The effect of Formal Instruction
      1. Explicit and implicit knowledge
  5. Grammar Consciousness-raising Task
    1. Grammar CR tasks in Teaching if Conditionals
  6. Evaluation of CR Grammar Task
  7. Conclusion

となっています。上記の章立てには入ってませんが、グループワークの効果、TBLTが根拠とする仮説、宣言的・手続き的知識の箇所を最終的に提出する際に削りました。なのでリンクは提出して先生からのコメントが入っているものと、削った箇所をそのままにしたもの両方貼っておきます。上が先生からのコメント入り、下が削った箇所が入ってる版です。

https://drive.google.com/file/d/0BzA9X1kZX185OGNneUlMN25nVzA/view?usp=sharing

https://drive.google.com/file/d/0BzA9X1kZX185dVRmUHZsaGJrblU/view?usp=sharing

個人的にはもっといろいろコンパクトにまとめられたらっていうのとif節に関してもっと考察が必要だったなとは思っています。ちなみに、このペーパーをもとに指導案を作ることも課題になっていて、それもリンク貼っておきます。

https://drive.google.com/file/d/0BzA9X1kZX185UzZUbGR0V0xLcDQ/view?usp=sharing

一応対象は日本の高校生ってことで作りましたが、時間いっぱいいっぱいかなという気はします。先生からのコメントで、”Does the teacher evaluate their classifications or discuss the reasons for their analysis?”というのがありました。確かにそういう記述はないので書いておくべきでした。やったらやらせっぱなしというのは良くないですしね。ただその後の説明の段階で生徒とのやりとりを含めながら説明をしていくという方法は考えられるかと思います。

そのあとに、対面で日本語を見ながら英語を言うという活動があり、そこに音声指導も入れるようになってるんですが、”What’s the purpose of hte translation exercise? And why do you extend this to include pronunciation?”というコメントがあります。僕としては意味と形式を結びつける自由度の低い活動としてこういうのを入れたつもりで、音声指導の理由はただ単に音声指導が必要だと思ったからいれたんですが、だったらなぜ最初のペアでtaskやってるときには音声指導が入らないのかっていうのもあると思うんですが…

もちろんそれはそのとおりで、自由度の高い活動のときこそ音声指導が必要なのだとは思います。だけどそれが可能なのは練習段階でもそういう指導がしてあるからであると思うのでこの練習段階での音声指導が問題視される理由というのはよくわからないのというか。文法が主眼なのになんで音声指導?みたいな話なのでしょうか。それとも明示的知識を主眼においてるのに音声指導?みたいな話なのでしょうか。うーむ。

そんなわけで早くスノボー行きたいです。

では。

アメリカ New Hampshireより。

おしまい。