タグ別アーカイブ: 日常

祝100,000PV

気づいたらこのブログのpage viewが100,000を超えていました。2013年にこのブログを始めてから,100,000というのは1つ目標にしていた数字だったので嬉しいです。このブログをどんな形であれ読んでくださっている方々に感謝するとともに,これからも頑張ろうと思います。

私のブログ名は英語教育0.2で,「本家」英語教育2.0の1/10程度の認知度&影響力しかないんですが,細々とでもブログ記事を書き続けていてよかったなと思います。正直言って,ブログのアクセス数は年々伸び続けているわけではありませんので,そもそもブログというメディアの位置づけも5年前とは変わってきて,プラットフォームも移り変わっているのだなという気はします。でも個人的にはこのブログに愛着があって,そこに自分の考えを定期的に投稿していくことも自分のライフスタイルの一部になりつつあるので,簡単にやめたりはしづらいです。

ブログを書くことは自分のためにやっているところもありますが,だったらパーソナルな日記帳でいいわけで,やっぱりインターネット上で公開するということは人に見られたいと思ってやっているわけです。その意味では,訪問者数とかPVとかいうのは気にしたりしますよね。まだまだたくさんの人に読まれるようなクオリティの文章が書けるようにはなっていないので,私自身の文章力を磨くことも沢山の人に読まれるようになるためには必要だと感じています。

この機会に,私のブログ名等について簡単に。「英語教育0.2」は,英語教育2.0という先駆的ブログタイトルをもじっています。捉えようによっては揶揄しているように思われてしまうかもしれませんが,そういう意図はありません。2.0というのはweb 2.0からきていると思いますが,0.2ってもはやweb 1.0より時代遅れじゃないかと。そういうことです。単に時代遅れとか昔に戻すとかそういうことじゃなく,私はまだまだweb1.0にも遠く力及ばない未熟な存在であるという意味があります。というのはあとづけで,単にブログ名をTwitterで募ったときに出てきた候補の一つが英語教育0.2で,なんか面白い名前だからそれにしたというだけです。ちなみに,”Tamn it!”はもちろん”Damn it!”をもじっていますが,”Tamn it!”自体には特に意味はありません。ブログ名の候補に”Tamn it!”があったけど,ブログ名にするのはちょっとなと思ったのでサブタイトル的なところにつけているだけです。”なにをゆう たむらゆう”も同様で,ブログ名にするのはちょっと違うけど,なんかいつも使う締めの言葉としてちょっといいかなと思ったので,毎回記事の最後につけています。匿名でやっているブログではないので,名前を覚えてもらうのにもいいかなというのもありますしね。

というわけで,死ぬ前に1,000,000PV目指して今後も頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

なにをゆう たむらゆう。

おしまい。

2019シーズンに観戦したG大阪の試合

いよいよ2020年シーズンのJリーグの日程が発表になりました(ガンバ大阪の試合日程)。

開幕戦はアウェイで横浜Fマリノスですね。昨年はホームでマリノスと対戦して,逆転負けしたのは今でも覚えています。Googleカレンダーに予定を入れながら,学会の日程とかぶっていたら落ち込むみたいなことを休憩がてらにしているのですが,自分が毎年どれくらい試合を観に行っているかを記録しておこうと思い,ここに2019シーズンに観戦した試合をまとめておきます。完全に自分用のメモですw

  1. 2/23 vs横浜FM (Home) ●2-3
  2. 3/30 vs神戸 (Home) ●3-4
  3. 4/14 vs浦和 (Home) ●0-1
  4. 4/28 vs仙台 (Away) ●1-2
  5. 5/4 vsFC東京 (Home) △1-1
  6. 5/11 vs鳥栖 (Away) ●1-3
  7. 5/18 vsC大阪 (Home) ○1-0
  8. 5/25 vs札幌 (Away) △0-0
  9. 7/13 vs清水 (Home) ○1-0
  10. 7/20 vs名古屋 (Away) △2-2
  11. 8/2 vs神戸 (Away) △2-2
  12. 8/31 vs横浜FM (Away) ●1-3
  13. 9/14 vs鳥栖 (Home) ○1-0
  14. 10/4 vs札幌 (Home) ○5-0
  15. 10/19 vs川崎 (Home) △2-2
  16. 11/23 vs仙台 (Home) ○2-0
  17. 11/30 vs松本 (Home) ○4-1

ホームとアウェイ合わせて17試合ですね。開幕してから観に行った4試合は全敗で,むしろ観に行ってない試合は勝っていたみたいなところがありましたw そしてその後初めてのアウェイ遠征で仙台に行って負けるという。なんと,2019年は仙台,鳥栖,札幌,名古屋,神戸,横浜と6試合のアウェイゲームを観戦し,一度も勝てなかったという非常に悔しいシーズンでもありました。JALのステータス獲得のために仙台,鳥栖,札幌という遠方への日帰り遠征もしましたが,地方の美味しいものを堪能することでなんとか敗戦の悔しさを紛らわしたという感じもあります。今年は近場のアウェイゲーム以外は行かない予定ですw

この17試合以外にも,YBCルヴァンカップも行きました。年間チケット会員は,グループステージのホームゲームも観戦できるので,グループステージの3試合を観ました。また,グループステージを突破してプレーオフステージ,プライムステージ準々決勝,準決勝まで勝ち上がったので,それもホーム戦はすべて観に行きました。

  1. 3/13 vs松本 ○2-1
  2. 4/24 vs磐田 ○4-1
  3. 5/8 vs清水 ○3-1
  4. 6/26 vs長崎 ●0-2
  5. 9/4 vsFC東京 ○1-0
  6. 10/9 vs札幌 ○2-1

ルヴァンカップは決勝まで行ってほしかったのですが,準決勝の第2戦に敗れてしまい,残念ながら準決勝敗退でした。ただ,決勝にあがった札幌が川崎Fと歴史的名勝負を繰り広げました。あれは本当に感動的な試合だったなと思います。当時の様子を振り返る選手たちや監督,審判のインタビューとともに構成された下記の動画は非常に見応えがありました。

ちょっと長いですが,サッカーファンの方は一見の価値ありです。

あと観に行った試合は,7月3日に行われた天皇杯2回戦のカマターレ讃岐戦でした。これは7-1と力の差を見せつけて圧勝したのですが,つぎの3回戦で法政大学にジャイアントキリングをされてしまったんですよね。この試合は見に行けなかったんですが,7月から8月はチームとしてもほとんど勝てていなかったので,この結果になってしまったのかなと。

年間チケット保有者として初めて過ごした1年間でしたが,リーグ戦17試合,天皇杯とルヴァンカップで合計7試合の計24試合をスタジアムで現地観戦したということだったようです。

この1年間で記憶に残っているのは海外移籍した中村敬斗選手と食野亮太郎選手の2人の活躍ですね。特に,アウェイ鳥栖戦で決めた食野選手のスーパーゴールは鮮明に焼き付いています。

負け試合だったのが残念でしたね。食野選手はルヴァンカップでは活躍していましたが,リーグ戦ではあそこから試合に絡むようになった気がします。

試合全体でいうと,C大阪とのダービーマッチだったり,雨の中の清水戦の矢島選手の決勝ゴールだったりが印象に残っていますが,個人的にものすごいこみ上げるものがあったというか泣きそうになったのは9/14鳥栖戦ですね。

なかなか結果を出せていなかった渡邉千真選手が後半に出てきて値千金の決勝弾をヘディングで叩き込むという胸アツ展開でした。ちょうどゴール裏で観ていたのもありましたし,ものすごい盛り上がったのを覚えています。

さて,あと1ヶ月ほどでJリーグも開幕ですが,待ちきれなくて振り返り記事を書いてみました。今後は試合の感想なんかも毎回書いてみましょうかね。2019年と同じペースで試合を観に行ったとすると,その毎試合について感想を記事にしたら年間の投稿数が2倍近くになる計算ですが。

というわけで,今日はガンバ大阪のお話でした。

なにをゆう たむらゆう。

おしまい。

ヤットさんコーナー

研究室の一角に,遠藤選手のコーナーを作りました。昔から個人的に好きな選手で,ガンバ大阪のなかでもプレーを見るのをいつも楽しみにしている選手です。色紙のサインはファンクラブの来場ポイントで交換したもので、ポストカードと缶バッジはルクアのポップアップストアのイベントでもらったものです。飾ってあるキャップはストアで購入した物です。いつも試合を観に行く時に来てるユニホームも研究室には飾ってあります。

隣のユニホームは2018年シーズンのガンバEXPOの日に配られた記念ユニホームです。

今年はゴール裏の年間チケットを購入したので,今からJリーグの開幕が待ち遠しいです。今年は誰のユニホームを買おうかも悩みますね。

というわけで久しぶりにゆるい投稿でした。

なにをゆう たむらゆう。

おしまい。

所属が変わりました

新年度になりました。4月1日が日曜日でしたので,2日が辞令交付式でしたが,4月1日付で関西大学外国語学部に助教として着任しました。

2月の終わり頃からすでに大阪市内に引っ越しは済ませていましたので,新居も片付けが終わっていて,研究室の引っ越しも終えました。

初日からマンモス私大(と言っていいですよね?)の学生の多さと活気に圧倒されました。私は地方国立出身なので(埼玉は地方かわかりませんけども),自分の学部時代を思い返しながら雰囲気が随分違うなぁと感じました。

木曜から始まる授業も楽しみです。

今後ともよろしくお願いいたします。

なにをゆう たむらゆう。

おしまい。

2017年の振り返り

2017年の振り返りを書こうと思っていたら,年末に入ってもなかなかゆっくりブログを書いている時間がなく,ギリギリでの更新になりそうです。とりあえず,過去の振り返り記事のリンクは以下のとおりです。

過去の振り返り記事

最初に,このブログについてのことですが,アクセス数が50,000アクセスを超えました。今年だけで約20,000のアクセスがあり,特にR関係の記事が上位を占めています。やはり,ネットで調べる方の数はとても多いようですね。今年はめっきり料理の写真をあげることが少なくなってしまったので,来年からは少しずつ料理の写真もアップするようにしないとなと思います。

さて,2017年は,なんといっても「博論」の年でした。とにかく博士論文の研究に追われました。これまでの3年間でほとんど研究を進めていなかったので,最後の1年でダッシュしてなんとか提出までこぎつけたという感じです。まだ最後の教授会で承認されるまでは終わりではないですが,提出というステップはクリアしたのでほっとしています。

その反面,博論研究以外の研究や論文執筆についてほとんど手をつけられず,私のキャパシティの狭さを痛感する年ともなりました。研究自体をまったくやっていないわけではないのですが,「あーあの論文書かなきゃ」というのが手元にある状態というのはやはり良くないですね。口頭発表自体は,最近はあまり「発表ばかりしていても…」という気になってしまっていて,口頭発表ももちろん意味はありますが論文を書いて引用してもらえて初めて研究の意味があると思うと,たくさんの人の目に触れる場所に論文を出版してこそだよなと思います。それが2017年中に達成できなかったことは力不足と言わざるを得ません。博士論文研究というもののプレッシャーに勝つことが出来ませんでした。

ポジティブな面に目を向けると,今年は書籍の分担執筆と講演という経験をすることができました(後者では,参加者の一部の方から「講演するには早いのでもっと勉強して出直してくるように」(大意)という厳しいコメントもいただきましたが…)。この若さでなかなか経験できることではありませんので,今後に生かせるようにこれからも精進していきたいと思います。

2週間まえほどに風邪をひくなど,体調を崩すことが年に1, 2回ありましたが,今は健康です。

駆け足ですが,以上が振り返りです。

最後になりましたが,みなさん,今年一年お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

なにをゆう たむらゆう

おしまい。

2016年の振り返り

11月が終わってもう12月になってしまったのだなと思っていたら12月も終わりです。つまり2016年が終わります。ということで,2016年の振り返りです。

過去の振り返り記事

2016年は色々なことにもがいた年でした。研究面でいえば,初めて国際誌に投稿して,そして初めてリジェクトされました。研究者として生きていくには,これから嫌というほどこういう経験をしなくてはいけないのはわかっていても,やっぱりへこみました。それでも,「そんなに細かいところまで真摯に読んでもらえているのか…」と思わされるようなコメントをたくさんもらうことができたので,査読者の方々に感謝しつつ,現在書き直している最中です(遅い…)。私がメインにしている研究トピックは,国内だと投稿先がかなり限定されてしまう上に,同じような研究をしている人に読んでもらえるかわからないので,基本的には国際誌のどこかに出すようにしようと思います。ほとんど書き終わっている別の原稿も早く投稿しないといけないので,今年度中にこの2本は投稿してしまいたいです。

国際誌に出す経験をして思ったことは,「投稿した」だけで満足しないようにしないといけないことと,その原稿に集中して取り組んでから投稿,そして査読を経て時間が空いてしまっても,またその原稿に真摯に向き合うエネルギーをしっかり持たなくてはいけないということです。

結局,2016年中に投稿して採択された論文はゼロ本となってしまいました。DC2に通って意気込んでいたのに,なかなか結果が出ずに不甲斐ない気持ちもあります。博士論文を先延ばしにして今年1年は他の研究に打ち込んでいたので,それが無駄にならないよう,来年中になんとかしたいです。

非常勤先も今年から新しいところで教えることになり,試行錯誤しながら授業を考えました。昨年度まではかなり自由な環境で授業をやらせてもらっていたこともあり,そのギャップにも少し悩みました。ただ,それでもかなり自分がやりたいこと,大事にしていることを理解してもらっているので,そのあたりはありがたいです。

それから,4月からはいつも一緒に研究していた先輩たちがいなくなってしまい,色々な面で本当に「先輩」らしくいようと努めた,そんな年でした。ゼミで自分が一番上の学年となったので,後輩の良きお手本となるよう,また,ゼミの先生方からも信頼されるDの院生となれるよう,今まで以上に積極的に貢献しようとしました。うまくいっていたのかどうかはわかりません。

というわけで,2016年は色々もがいて,自分にできることとできないことの区別が少しできるようになったかなと思います。

健康面では,2016年は2月に一度熱を出してダウンしましたが,それ以外には基本的にひどく体調を崩すこともなく,持病のヘルニアも悪化することなく過ごすことができました。毎年のように言っていますが,健康第一です。

最後になりましたが,みなさん,今年一年お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

 

11月16日の名古屋自炊飯

家にあるものだけで作ったオムライス。ケチャップライスの代わりにガーリックライス。ベーコンと冷凍庫にあった野菜玉(人参・玉ねぎ・キャベツ)をバターとおろしにんにくで炒めてからご飯を投入して,塩コショウで味付け。ソースは市販のコーンスープの素を少なめのお湯でだまにならないようにかき混ぜて,とろけるチーズを投入して混ぜ合わせる。これだけだと甘めなので白コショウと塩少々で味を調整。卵にはマヨネーズを入れてふわふわに。

 

ちょっと卵をかき回しすぎた感がある…

正直味にそんなに自信はなかったけれど,食べてみるとこれが意外といけた。時間がないときの救世主レシピに仲間入り。

なにをゆう たむらゆう。

おしまい。