タグ別アーカイブ: 炒めもの

味噌漬け鶏肉とゴボウのバターペッパー炒め

思いつきで作った料理が意外とヒットしたので備忘録も兼ねて書いておきます。タイトルのお料理。以下レシピ的なものを記しますが,分量は適当にやりました。ザ・男の料理。ただしそれでは再現性がないので,僕の感覚に基づいてまぁこの程度だろうという感じで書きます。もしこれ見て作られる際はご了承ください。まぁそんなに外れるものでもないでしょうけどね。

味噌漬け鶏肉とゴボウのバターペッパー炒め

味噌漬け鶏肉とゴボウのバターペッパー炒め

 

材料(2人前)

  • 鶏もも肉               1/2枚
  • ゴボウ                    1/2本
  • エリンギ                中くらいの1本←冷蔵庫にあったので入れましたが,なくても全然OK
  • 味噌                         大さじ1と1/2
  • 酒                大さじ2と大さじ1(炒めるときに使います)
  • みりん                        大さじ2
  • さとう                     小さじ2
  • おろしニンニク    小さじ2
  • おろししょうが     小さじ2
  • バター                      10グラム
  • 塩        少々
  • ブラックペッパー 少々

作り方

  1. 下ごしらえで,鶏肉を味噌漬けにします。まずは,鶏肉を一口サイズにカットして,ビニール袋の中に。
  2. 味噌,酒,みりん,さとう,おろしニンニクとおろしショウガを袋の中に入れて,揉み込みます。
  3. 僕は冷蔵庫で一晩寝かせましたが,まぁ時間がない時は30分から1時間とかでもいいでしょう(たぶん
  4. ゴボウは洗ってささがきにします。千切りでもいいかもしれませんが,ささがきにしたほうが少ししんなりするので,食べるときに鶏肉と一緒に食べやすくなると思います。
  5. ごぼうには本当はアク抜きは必要ないらしいですが,僕は酢水に少しつけておきました。数分さらしたら,水気を切っておきましょう。
  6. エリンギは横半分に切ってから縦半分に割って,5mmくらいでスライスしていきます。下準備はここまで。
  7. さて,炒める作業に入ります。フライパンを熱し,バターを溶かします。バターをフライパンになじませたら,漬けてあった鶏肉を投入。袋の中に漬け汁が残ったのは残しておいてください。
  8. 焦げないように注意しながら,弱火-中火で鶏肉を炒めます。その間に,さきほど鶏肉を取り出した袋に水気を切ったゴボウを入れて,残ったつけ汁にゴボウをなじませます。
  9. 鶏肉に8割ほど火が通ったら,袋に入れたゴボウを投入して一緒に中火で炒めます。1-2分ほど炒めて鶏肉となじんだら,エリンギも投入。
  10. フライパンを何回かあおったら,酒大さじ1を投入して蓋をします。こうすることでゴボウがしんなりと仕上がります。
  11. 30秒くらい様子を見て,蓋を取ったら全体を混ぜます。
  12. 最後に塩少々を振り,全体にブラックペッパーをふりかけます。
  13. ブラックペッパーが全体になじむようにフライパンを煽って完成。最後に青ネギなんか載せると見た目もいいかもしれませんね。

僕の悪い癖なんですがどうもこう料理の仕方を記述しようとすると感覚的なことが多くて難しいですね。かなり暗示的知識に頼って料理してることがわかりますw

さて,この料理のポイントは,肉にしっかりと味付けしておくことです。作り方を見てもわかるように,炒める段階ではほとんど味付けをしていません。つまり,肉にしっかりと味がついていて,それをゴボウやエリンギにもまとわせることで全体がほどよい塩加減になるようになっています。ですから,肉を漬ける際の調味料の分量は適宜加減してください。少なすぎるとゴボウに味がつかなくなってしまいますので。

このレシピは,実はバリエーションが豊富に考えられます。例えば,味噌漬け肉は,豚肉(豚バラがいいですかね?)でやってもおいしくできると思います。また,バターとブラックペッパーではなく,豆板醤を使えばピリ辛味噌炒めになります。野菜も,ゴボウではなくピーマンを使ってもいいと思いますし,もちろんナスも味噌と相性がいいでしょう。あるいは,しめじやまいたけを使ってキノコ炒めにしてもいいと思います。

肉を漬けておくのは時間がかかりますが,その一手間でグッと料理も美味しくなります。今日の夜ご飯には間に合わないかもしれませんが,明日のお昼や夜ご飯に向けて,味噌漬け鶏肉とゴボウのバターペッパー炒め。いかがでしょうか?

なにをゆう たむらゆう

おしまい。

 

広告