タグ別アーカイブ: 英語教育ブログ企画

私の考える理想の教科書―音を持ち帰らせよう

anfieldroad先生の

『英語教育ブログ』みんなで書けば怖くない!企画第8回

に参加しています(案内のブログ記事はこちら)。

この企画に参加するのはなんだか久しぶりな感じですね。今までで,この企画に参加して書いた記事は以下の様な感じ。もしご興味がお有りでしたら読んでもらえたら嬉しいです。

「なんで英語なんか勉強するの?」と訊かれたら

「英語教育,この一冊」

さてさて,そんなわけで今回の企画は「こんな教科書がほしい!」というもの。色々思い浮かぶのですが,実現可能性とかは考えなくてもいいということですので本当に「理想」の教科書について書きます。といっても,私のオリジナルで革新的なアイデアというわけではなくて,anf先生ある先生が前からおっしゃっていたことです。ちなみに,想定は中高の教科書ですが,高等教育でも当てはまることだと思います。

というものです。つまりは,極端にいえば今の紙の教科書をすべてやめて,教科書で文字として触れるインプットの音源のみを教科書とするということです。理由は様々ありますが,一番大きいのはインプット量を増やすということがまず一番です。とにかく英語を聞くという機会が圧倒的に少ないんです。教科書の音声を聞く以外に,帯活動でリスニングをやるようなこともあるかもしれません。また,先生が授業内での英語のインプットを増やすというのも考えられます。でもそれでも十分というには少なすぎる(じゃあどれだけのインプットが必要なのかという議論はここでは置いておきます)。だからこそ,家でも英語を聞くという機会をなんとかして作ってあげたいわけです。もちろん,ちまたにはたくさんの教材がありますし,それこそネット上にも英語のインプットの素材となりうるものは山ほどあります。しかしながら,それらを自学自習のために使えるのは,ある程度自立した学習者であり,また英語学習に対する動機付けも高い学習者に限られてしまうでしょう。こちらが,こんなサイトがあるよとかこんな教材があるよと紹介したところで,それにアクセスして英語を聞くというのはなかなか期待のできることではありません。さらに,インターネットにはアクセスの問題もありますし。

アクセスの問題という点では,音源を教科書にした場合にそれを聞く手段を生徒全員が持ちあわせているのかという問題は十分に起こり得ます。私も昨年度,なんとかして生徒全員に教科書音源のCDを配れないかと検討しましたが,やはりクラスに数人はCDの再生環境がないという生徒がいました。スマホ使うけどパソコンはあまり使わないということもあるでしょうし。この辺はクリアしなければならない現実的な問題です。それから,値段の問題もあります。実際,今でも教科書音声CDは売っているものの,とても生徒全員に購入させるような金額ではありません(確か2,000-3,000円くらい)。著作権の問題があるのでこちらでコピーを配布ということもできませんし,教員が教科書本文を読み上げたものを録音して配るのもちょっとグレーっぽいですよね。ですから,アクセスと価格の問題がクリアできたらなあと。(その辺りにも触れているのはanfieldroad先生のこの記事)。

以上のような問題点も音声教科書にはあります。でも,私は音声CD教科書というのが本当に実現してほしいと思いますし,自分がそのために何かできるならなにかやりたいとも思います。インプット量の確保ということに絡みますが,私が音声教科書を熱望するのは,音声だけは教員がどう頑張っても生徒に持って帰ってもらうことができないからという理由もあります。

はっきり言って,文字のインプットや,絵・写真などの視聴覚的な補助資料などは,印刷して配ることが可能なわけです(これも版権が絡む?)。ですから,プリントを配れば読んだり書いたりということは宿題にできます。でも,聞くことはどうしてもそうできないわけです。また,読むということに関連して,「教科書を音読する」というようなことのサポートも期待できます。英語の処理の下位技能として,デコーディング能力はとても重要です。教室環境ならば,「読めない(文字を音にできない)」という状況に直面した生徒には,教員がモデルを示してあげることができます。しかし,もし,1人で音読の練習をしようとしたときに,「あれ?これなんて読むの?」みたいなことになったら,そこで「あーもうできないからいいや」なんてことになってしまうかもしれません。そうした状況で,もしモデルの音声にアクセスできる状況ならば,聞いて確認してみるということができますよね。何回もモデル音声を確認できるので,苦手な子にはありがたいのではないでしょうか。再生スピードの調整とかも機器によってはできますし。さらに,音読がすらすらできるようになった子には,文字を見ないで「シャドウイングやリピーティングをやってみようね」なんて課題も出すことができます。意味があるのかもよくわからないノート作りだって,ただ教科書の英文を写すだけじゃなくて,音声CDを聞きながらやってみようなんていうこともできますよね。繰り返しになりますが,文字ベースの補助はこちらが出せるんですよ。自作のプリントなりワークシートを作って授業をやる先生も多いでしょう。それをむしろ補助的な教材として,音声をメインにする。音でわからない時に文字の助けを借りる。こういう習慣付けが大事だと思うのです。

音声にして配布したところで,どれだけ授業外でそれにアクセスしてくれるかは正直わかりません。しかしそれは紙の教科書でも同じことのような気もしています。家で教科書をどれだけ見て「学習」しているのかを考えれば,その問題は音声CDの問題とはいえませんしね。ただし,もしも家で音声を聞くことや,聞きながら教科書を音読してみたり,聞きながらディクテーションしてみたりといったことが定着して当たり前にできるようになれば,実際に教室でそれらに費やしていた時間をもっと他の活動時間に使えますよね。それこそ,教員がいるからできること(フィードバックとか),または1人ではできないこと(ペアやグループの意味交渉を狙ったタスクとか),をメインに授業を組み立てることができるわけです。自宅での学習時間でかなり差がついてしまうということはもう1つ考えなくてはいけない問題かもしれませんが,これも教科書の形態が変わることの直接的な影響とまではいえないでしょう。

というわけで,私の理想の教科書は,音声CD教科書です。別に紙撲滅ということではなくて,むしろ共存しても全然OKですが,それだとコストがただ増えるだけなので,紙にかかるコストをCDに振り分けるというのはどうかなぁという提案です。私がお亡くなりになるまでには実現していたらいいな,ぜひともさせたいな,と思っています。

なにをゆう たむらゆう

おしまい。

「なんで英語なんか勉強するの?」と訊かれたら

anfieldroad先生の

『英語教育ブログ』みんなで書けば怖くない!企画第5回

に参加しています。

というわけでこの企画はいつも楽しみにしていて自分も記事を書いていますので、今回も(この企画であとだしは結構ずるいので、他の人のはちらっと読みましたがそれはできるだけ読まなかったことにして書きます)。

既にたくさんの方がこの企画にブログ記事を寄せていらっしゃいます。そのリンクのまとめは随時こちらにアップされるということです。

タイトルにもあるとおり今回のテーマは

生徒に、「なんで英語なんか勉強しなくちゃいけないんですか?」と訊かれたら、なんと答えますか?

というものです。

このブログに初めてお越しになる方もいらっしゃると思いますので簡単に自己紹介させていただきますと、僕はいま某市の中学校で臨時的任用教員として勤務しています。その前は今年の6月までアメリカの大学院にいました。なので教員歴はまだ2ヶ月です。

さてそんな僕がこの質問にどう答えるかということですが、実はこれにかなり似た内容の記事を以前のブログに書いていました。

Task 1 & 2

上記リンクのTask 2が、「なんで英語なんか~」の答えかと思います。それで、中学校ならこういうかなあということでこんなことが書いてあります。

「義務教育だからやってください卒業したら英語が必要ない道を自分の好きなように選んでいただいて構いませんから。」

この記事を書いたのは今年の4月で、これを書いたことは覚えていましたがどんなこと書いたかは正直忘れていたんですね。それで、このブログ企画用に文章を書くにあたって読み返してみてびっくり!僕がこの前教室でした話とまったく一緒!w

僕はちょうど一ヶ月前くらいにこんな記事を書いていて、ちょうどこの記事のクラスで、なんで英語を勉強するのかっていうのを話した時がありました。コメントで、なんで英語やらなきゃいけないのという質問があったからです。

そのときに話したことはまさに上記のような話で、「そもそも勉強したことが役に立つかどうかなんて勉強しているときにはわからないものだし、14歳の時点でその選択ができるわけないんですね。だから全国の中学生はまったく同じ内容と量の勉強を全員がやるわけですよね。中学校でやる勉強は本当に自分のベースになるものだから、それもできてないうちにその先には進めないし、どんなことやるにしても基礎練はあるじゃないそれと一緒だし基礎練はたいてい楽しくないでしょ」という話をしました。続けて「ただし中学校を卒業したら、その先の人生の選択は自分でしていいんです。本当に本当に英語なんか絶対にやりたくないと、そういうことでしたら、英語を勉強しなくてもいい道を選んでください。」と言いました。

正直これを言うのは英語教師としては不合格だろうと(まあだから教採もダメだったんだろう←自虐)と思います。ただし授業中の様々な活動やテストを使って「できるじゃん!」「少し頑張ってみようかな」とちょっとでも思わせるようにやっているつもりですし、残りの限られた時間の中でこれからもそうやってencourageしていこうと思っています。

全体に話すときにはやはりある程度話を抽象化する必要もあるしそうなると制度的なものを持ち出すんですけどまあ個別に対応するとしたらもっとその原因にあたるものを突き詰めていって対応するのかなとは思います。

これは僕の恩師の高校の先生がおっしゃっていたことばなんですが、僕が中学校の先は自分で決めていいんだよっていうのはこれの3つ目のことを意識してのことです。高校に進学する生徒がほとんどだとしても、高校も普通科だけではないですし、高校に進学しないということだって尊重されるべきだと思うんです。僕の中学の同級生だって高校に進学しないという道を選択した人と、僕みたいに親に養ってもらいながら好きなことばっかりをやってもう20の半ばまで来た人と、もう10年も前からずっと働いている人と、どっちが「えらい」とか「成功」とか「幸せ」とかそんなことは比べられませんし比べる必要もないと思うんです。

で、その中で英語を勉強するよりも大事なことがあるならそれを一生懸命頑張ればいいじゃないと思うんですよ。

勉強しろとは僕も毎日言ってるんですがそれはこっちで「ちょっと頑張ったことで自分が伸びたことがわかるように準備して待ってるから」なんですよね。そこに乗ってほしいだけなんです。

なので、「英語は勉強しなくてもいいよ」と言っても生徒が英語を勉強するっていうのが究極的な理想ですかね。「できた」→「楽しい」→「もっと頑張ろう」っていうこのスパイラルに引っ張っていければそんな英語はなんで勉強するのなんて小難しい話とかいらないんですよ。

なので一応の答えとしてはさっき書いたとおりで、それよりも大事なのはできるとか楽しいとか思わせて頑張らせるということですかねえ。

あ、そういえば

なんか僕の授業をメッタ斬りにするイベントが来週末に開催されるようです。みなさまぜひぜひ僕をいじめに来てください。

[SETC&ASTEK][サークル] 2013年11月例会のご案内

それでは。

なにをゆう たむらゆう

おしまい。

「英語教育、この一冊」

どうもどうも。今年もこの季節がやってまいりました。anfieldroad先生が半年に1回開催している「『英語教育ブログ』みんなで書けば怖くない!企画」の第4回目に参加させていただこうと思います。僕がこの企画を知ったのがちょうど1年前で、僕にとってはこの企画に参加させていただくのは3回目です。

この企画で、初めて僕のブログを訪れる方もいらっしゃるかと思いますので簡単に自己紹介させてください。僕は埼玉大学を2011年3月に卒業し、同年の6月末から北米に留学していて現在は修士課程でTEFLを学んでいます。一応プロフィールページとか作ってあるのでそちらを御覧頂いて、あとはTwitterのつぶやきなんかでどんなやつかはわかっていただけると思うのでこのへんでやめておきます。

さて、今回のテーマは、「英語教育、この一冊」ということでして、実はこの話でTwitter上で盛り上がったときにはちょうど僕もその中にいまして、和書洋書問わずいろいろな書籍の名前があがっていてほしい物リストにどんどん追加した記憶がありますw

僕も一応教育学部の英語科を卒業した身として、それなりに本は買って読んでいましたし、学部生だった当時はいわゆる「カリスマ」と言われるような有名な先生方の著書を読んで感動していました(遠い目

残念ながら、僕がアメリカに来る際にこちらに送った荷物の中で僕が日本で読んでいた英語教育系の和書が全て入っていたダンボールだけ紛失してしまった(UPSの不手際で)ので、それらの本をまたもう一度眺めておすすめすることもできませんし、「一冊」しか挙げられない中でそれらの本を今「この一冊」として紹介するかというとそうとも思いません。こちらに来てから買った読んだ本も、確かにたくさんあるのですが、包括的な英語教育の本として「これだけは読んでおいてほしい」と自信を持ってオススメするような本というとどうもしっくりくるものがありません。日本から取り寄せた「成長する英語教師をめざして」「学習英文法を見直したい」も候補にあがったのですが、今回はちょっと奇をてらうと言いますか、もしかしたら「おまえなめてんのか?」「ふざけてんのか?」と言われるかもしれないものを一冊あげたいと思います。

こちら。

[amazon asin=4304041614&template=iframe image]

[amazon asin=4304041649&template=iframe image]

すいませんすいませんすいません

いや別にあのふざけてるわけではなくて割りと真面目なんです…

「んなものは書籍じゃないしPDFで読めるだろ」云々かんぬんとか「すすめるまでもなく誰でも読んでて当然だろぼけks」とか「一冊じゃなくて二冊じゃねーか」とかもうバシバシ飛んでくると思うのですが…(二冊だけど値段は一冊分以下(ry

でなんでこれを挙げたかと言いますと、ほら、ついこの前も「指導要領を守れないなら学校を去れ」騒動とかあってコワイからちゃんと読んどきましょうね(棒 とかまあそれは冗談で、よく学習指導要領の内容とか、それに従う従わないとか問題になるじゃないですか?そういう議論自体はどんどんしていくべきだと思うんですけど、例えば指導要領なんか見て授業やってる奴はとかあんなものはとか云々かんぬんいろいろサムライの方とかいろいろ言う人多いんですけど、でもだからといってあれは無視していいものでもなくって、批判するにしてもまずは読んでから批判するべきなので、尖った発言する(文科省に反対する側の)偉い人達の言うことに乗っかって「そうだそうだー」とかやらないでまあちゃんと読みましょうよというのが一点目の理由。

二点目は、英語教育のいわゆる「中の人」でしたらすごくわかると思うのですけれど、教育、とりわけ学校英語教育をはじめとする日本の英語教育っていわゆる「外の人」からボッコボコにしてやんよばりに言われたい放題じゃないですか。それもほとんどが自分の経験とかあるいは自分の子どもの経験とかをもとにした的外れの指摘だったりすることがほとんどで、もちろん日本の英語教育が完璧であってなんの問題もなくて現状維持が最適とか言うつもりはないんですけれど「ちょっとそれはちがうよ」ってこと多いじゃないですか。で、僕の個人的な信条としては、それを無視しちゃいけないと思うんです。「はいはい何もわかってない外の人は黙っててね」とか「そういうのかまってる暇ないから」とかやっちゃうともうまた「教師は世間知らず」だの「英語教師は既得権益にすがってる」だのってなって余計に批判されてしまうと思うんです。もちろんこういったことの原因として、事実を正しく伝えきれていなかったり過度に大衆を煽ったりというメディアのせい、とかもじゃもじゃの人のせい、とかネットで影響力があるぐろーばる界隈の人のせいとかもあるとは思います。で、そういう人たちと話をする際にこの学習指導要領って使えるんじゃないのかなって僕は思うんですね。例えば先ほどは挙げませんでしたがよく話題になる「小学校英語」の話とかをする際に、一つの資料として学習指導要領をもとに話したりもできると思うわけですよ。ネットで公開されてますし、例えばここのこのへん読んでみてくださいこうやって書いてありますよね?でもこれにはこういう問題が実はあって今はこうなってて、とかって説明したりとかにも使えるんじゃないのかなって。学習指導要領が合ってるとか間違っているとかの話とは別にして、はっきり言って教育の外の人で真面目に指導要領読む人なんかほとんどいないと思いますから、そしてそれでも学校の教育に(ときには理不尽な)文句つけられたりして、そういう時にこの学習指導要領に書いてあることを批判的に読んで説明する、伝えることって大事なんじゃないかな。そんなことを考えたんです。

最後の三点目は、指導の話です。指導要領に従う従わない、ここがおかしいあそこが変だとは言っても、「じゃあどうするの?どうやって教えるの?」「なに教えるの?なんで教えるの?」という根本的な疑問を解決するときのスタート地点って結構学習指導要領なんじゃないかと思うんです。そういう意味での「指針」としても使えるんじゃないのかなって。もちろん定期的に新しい指導要領が告示・施行されて、その度に「現場」の先生方は振り回されているという事実はあるわけなんですけれどね。そもそも、経験や実践を積み重ねてきたからこそ学習指導要領に批判的になれるのであって、学習指導要領を通過せずにそこにはたどり着けないんじゃないかなと思います。

おまけですけど教員志望の学生であれば教員採用試験においても学習指導要領読んでて損はないわけですしね。

そんなわけでして、あの僕は別に学習指導要領ごり押し的なあれでもなんでもないですけど、以上三点の理由で学習指導要領を「英語教育、この一冊」として取り上げさせていただきました。

今回の企画の趣旨とはずれてしまったとかもしれませんが、たくさんの方に読んでていただく可能性のあるまたとない機会なので、普段僕が思っていることを書かせていただきました。

10月1日が更新基準日だそうですので一番乗り目指して早めの更新です。他にもたくさんの方々がこの企画に参加されることと思いますが、集まった記事は以下のリンクにまとめられるそうです。

http://d.hatena.ne.jp/anfieldroad/20121001/p1

それでは皆様よい週末を。

アメリカ New Hampshireより。

おしまい。