タグ別アーカイブ: ICT

モニタの縦横変換

今までスクエア型のモニタを使っていたのだけれど,縦置きできるモニタを譲ってもらった。今まで使っていたスクエア型のモニタも貰い物だったけれど,それは後輩に譲った。本当はモニタを2台デスクに置きたかったが,スペースの都合上ちょっと無理そうなので。

そこで,縦置きのモニタを繋いだら横表示にしかならず,コントロールパネルからデスクトップのカスタマイズ->ディスプレイ->画面の解像度と進んでも向きを変更するメニューが表示されなかった。そのメニューが表示されないと縦横の変換はできないみたいだったが,少し調べたらドライバーを更新したらできそうだったのでやってみたらできた。ちなみに,ドライバはNVDIA GeForce GT 330Mというやつ。

まず画面の解像度の画面にある詳細設定をクリック。

 

画面の解像度

するとドライバの情報が表示されるので,プロパティをクリック。

ディスプレイのプロパティ

ドライバのタブをクリック。

ドライバのプロパティ

これでドライバーの更新をして,完了したら再起動。

ドライバータブを開く

そうすると,向きを変えるメニューが現れる。更新する前の画像をキャプチャし忘れたので前後の比較ができないけど,これでなんとかなった。以上,ただのメモでした。

なにをゆう たむらゆう

おしまい。

広告

iPadを使って英作文を「発表」させる

いやはや先日のブログ企画の記事を書いて以来の更新になりますね。日々感じたことなんかはツイッターに流しているっていうのと、ゆっくりパソコンの前に座ってブログを書く時間がないというのがあってなかなか更新できませんでした。あいかわらず日々授業には悪戦苦闘しています。そんななかで、先日の記事の最後にもお伝えしたようにビデオ授業研では大変貴重なご意見をたくさんいただき、自分の授業の改善点がたくさん見つかりました。本当に勉強になりました。
さて、今日はITCを使った授業のお話。別に画期的な方法を思いつきました!とかではなくて、同じようなことやっている人もいるかと思いますがこんなことやっています程度の話です。まあICTって実は使うのが難しくて、「あったらいいけどなくても同じことができる」レベルの話だと正直使いづらいんですよね。なので、どうしたらその特性を活かして授業ができるかなというのはよく考えます。僕がいつも教室に持ち込むICT機器としては、テレビ、iPad、iPhone、それからBluetoothスピーカーです。教科書の音源なんかも全部iPhoneにいれて、スピーカーに飛ばしています。これは結構やっている人も多いかと思いますが、教室の前にいなくても音源を操作できるのがいいです。iPadはHDMIケーブルでテレビにつないでいます。Keynoteを使うときにはiPhoneのKeynote Remoteというアプリを使ってiPadのスライドを操作するのですが、Bluetoothでつなぐと接続が不安定で認識されたりされなかったりして、一回接続が途切れるともう一度再登録してやらないといけないのでそれがめんどくさいなとは思っています。また、iPhoneからBluetoothにつなぐ機器が2つっていうのもたまにあれれとかなったりします。こういう設定とか準備に貴重な授業の時間を割きたくはないんですよね。だったらそういうの使わないほうがいいわけですし。それでその準備をしっかりしておくためにも僕はいつも教室にはできるだけ早く行くようにしていて、授業が続くときは前の授業終わったらそのまま次の教室に移動するようにしました。音楽を流してテレビとかをセッティングして、Today’s Menuと本日の目標を黒板の両端に書くところまでやって授業のチャイムが鳴るのを待っていたいんですよね。このくらいの余裕を確保するのは特に1時間目とかは掃除のあとで難しいのですが…
それで、最近僕がiPadを使ってやりだしたのは、英作文の添削です。僕はよく文法の定着活動として、文法項目を明示しないライティングをやらせるのですが(定着と明示しないというのは一見矛盾しているようですが)、それをiPadのカメラで撮って、テレビに映して全員で見ながらその場で赤を入れるということをやっています。そのためにこの前スタイラスペンも書いました。もちろんこれは生徒に黒板に書いてもらってそれを添削していくのとやっていることは同じですが、前に書いてもらうことって時間もかかるし、ハードルの高い作業なので、一部の英語が得意な子にしかやってもらえない可能性が高いんです。特に僕はまだ授業の雰囲気作りで発言しやすい雰囲気を造っているような段階ですし。その場でちょっとカメラで何人かの生徒のを撮ってテレビに映して添削していくと、それを見ただけでは本人とよくてその周りの数人以外は誰の書いたものかはわからないので、文を書いた本人が「直されている」という感覚があるだけで、それはクラスでは共有しづらくなると思うんです。そうすればできてるのに自信がないという子も自分の書いたものを「発表」できる。もちろん「この字はきっと○○だー」とか「字きれいだから女子だな」とか言ってる生徒がいるわけですが「誰が書いたかじゃなくて何が書いてあるかが大事」といつも言っています(現実には実は誰が書いたかの方が大事なことも多いっていうのはツイッターでもよく思うことなのですが)。こうやって犯しやすい間違いとか、よくできているところ、あるいはある程度長めの課題だと文の構成なんかも共有した上で、少し手直しする時間を取ってから回収して、僕が個別にまた見て返すようにしています。

それで、PDFだとGoodReaderを使えば手書き文字を入れることは簡単なのですが(GoodReader最近よく落ちますけど)、写真に手書き文字いれられるアプリでなかなかいいのがなくて、iPadに入れてあったNotebook+というので写真を貼り付けてやるということをやってたのですが、僕の持っている第二世代のiPadのカメラは画質が悪いのにさらにこのアプリで表示して拡大すると画質が落ちてすっごく見づらかったんです。で、いいのないかなあとぐぐったらSkitchというのを見つけました。もともと、iPadに手書きで入力するという使い方をしたことがなかったのでそれに使えるアプリを全然知らなかったんですが、これって結構有名なやつですかね…?Evenoteが出しているアプリのようです。これを使えばまあ手書きはとりあえずOKそう。他にもいろいろ記号とか入れられるみたいだけどそっちはちょっと今のところうまい使い方は思い浮かばないかなあ。
授業中に全員で共有するような時間がなかったときは、回収してスキャンして、次の授業でそれを提示しながら添削しています。こういうときにScanSnapがあればな…とまたScanSnap欲しい熱が再燃しています。授業で使用するプリント類もなるべくスキャンして提示しながら進めていきたいですし。教科書も裁断して全部PDFにしたいです(まあ僕の立場じゃたぶん無理でしょうけど)。まあ僕がこういうことをできる(考える)のも、フロアに3台テレビがあるっていう環境があるからなんだよなとは思います。ICTに関してはいろいろめんどくさいことが多い環境ではありますが、機器がかなり自由に使えるというのは恵まれていることですもんね。

同じようなことはテレビやスクリーンと書画カメラがあればできますが、「デジタル」で添削することの良さはそこでもう一度自分で書き直しができるっていうことだと僕は思っています。書画カメラで生徒のプリントを映しながら実際に添削するのを見せることもできますが、その場合その生徒の手元にはもう赤が入っているものが戻ってきてしまうし、なにより添削を見ながら自分で手直しすることができないんですよね。その点でiPadは便利だなと思います。一方的に提示するだけじゃない、そんなICTの使い方をこれからも考えて実践していきたいです。

さて、来週には期末テストがあるので、時間に余裕のあるこの土日で作ってしまいたいと思います。それでは。

なにをゆう たむらゆう

おしまい。